福江島の念仏踊り「チャンココ」

274
野々切町のチャンココ
野々切町のチャンココ

「チャンココ」は福江島(ふくえじま)に伝わる古い念仏踊りで、現在、五島市の9地区に残っています。「チャン」は鉦(かね)の音、「ココ」は太鼓の縁をたたく音といわれ、毎年、旧盆の8月13日から3日間は、鉦と太鼓の音が島中に響きわたります。
帷子(かたびら)を着て腰みのを付けた踊り手が円陣をつくり、太鼓をたたきながら踊る様は、どことなく南方系の民俗的な踊りを彷彿させます。
踊り手は成年男子に限定されており、各地区で親から子へ、先輩から後輩へと受け継がれてきました。

先祖の御霊を鎮め、人々の心を清めるてくれるチャンココは、島の風物詩となっています。

出典:国土交通省「島の宝100景」(http://www.mlit.go.jp/crd/chirit/shimanotakara100kei.html)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします