姫島の踊り継ぐ盆踊り

180
キツネの化粧とユーモラスなしぐさのキツネ踊り
キツネの化粧とユーモラスなしぐさのキツネ踊り
.....

姫島の盆踊りは、鎌倉時代の念仏踊りから発展したものといわれ、伝統踊りと創作踊りがあります。

男性が女性の間を縫うように激しく踊るアヤ踊り

伝統踊りには、キツネの化粧とユーモラスなしぐさで人気を集めるキツネ踊り、優雅さと躍動感が融和したアヤ踊りなどがあり、地区の青年男女や子供たちによって踊り継がれています。

また、新しい創作踊りも次々と生まれ、ユーモアや趣向を凝らした衣装などで見る人を楽しませてくれます。毎年、8月14日から3日間開催され、14、15日は特に賑わい、多くの村民や観光客を楽しませます。

1年で1番の熱気と賑わいを届けてくれる「盆踊り」は、島の人々により代々引き継がれてきた代表的な景観です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

.....