犬島、産業遺産を活用したアートの島

119
犬島アートプロジェクト「精錬所」外観
犬島アートプロジェクト「精錬所」外観

岡山市東部沖合に浮かぶ犬島(いぬじま)は、古くは「犬島みかげ」といわれる良質な花崗岩の採石所として知られ、明治・大正期には銅の精錬業で隆盛を極めました。

海水浴場に並ぶ未来に向けた夢の石彫

2008年、その精錬所跡地に美術館「犬島アートプロジェクト精錬所」が開館。自然エネルギーを利用した建築や現代アート、地元の大学との協働による水浄化システムをはじめ、地域との協業を図りながら「産業遺産・建築・現代アート・環境」による新たな地域創造を目指しています。

瀬戸内海の多島美に浮かぶ精錬所遺構の独特な風景、そこに位置する美術館は、地域振興に取り組む住民の姿と共に、犬島の新たな景観を造りだしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします