祝島、石垣の棚田

127
80度くらいの急傾斜での作業
80度くらいの急傾斜での作業

祝島(いわいしま)は、海岸線のほとんどが急斜面ですが、斜面は丘陵の高くまで切り開かれ、石垣を積んで耕された棚田があります。

蔦などを刈り取ってさっぱりした石垣

ゆたかな暮らしを子どもたちに残すため何世代にも渡って人々が築いてきた石垣の段々畑は島の至る所にあり、高さが8m(一つは一部15m)もある巨大な石垣が3段も並んだ棚田は、他所では見られないスケールです。

石の間から蔦や木が伸びると、石を押し分けて形を崩してしまいます。高齢化が進み、棚田の保全・継承が困難になる中で、島の人々が協力して蔦などを刈り取る作業を行い、石垣が守られています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします