加唐島、百済武寧王生誕の伝承

213
生誕祭の参加者を見送る島の子どもたち
生誕祭の参加者を見送る島の子どもたち

唐津市鎮西町の沖合いにあり、椿やゆうすげの咲く加唐島(かからしま)は、半農半漁の島です。

毎年、生誕祭が行われる百済武寧王生誕伝承地の記念碑

島に昔から言い伝えられている朝鮮王朝の百済25代国王・武寧王の生誕伝承。
その伝承をもとにした島おこしが進められ、2006年には生誕地記念碑が建立されました。

6月3日の王の命日に合わせ毎年開催される生誕祭には、韓国公州市から数十名の参加があります。
島民の多くが港で出迎え、ほのぼのとした交際交流の光景がみられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします