加計呂麻島の諸鈍シバヤ(芝居)

111
諸鈍シバヤの踊り手と観客
諸鈍シバヤの踊り手と観客
.....

大島海峡を挟んで奄美大島南岸と向かい合う位置にある加計呂麻島(かけろまじま)。

「諸鈍(しょどん)シバヤ」は、諸鈍集落に残る踊り・村芝居で、平家の落人・平資盛が土地の人を招いて上演したのが始まりと言われています。
一時中断した時期があったものの約800年も続く伝統芸能で、毎年旧暦9月9日に平資盛が祀られている大屯神社で上演されます。
踊り手たちは諸鈍集落の住民で男性のみ、子ども達も参加して、紙のお面に陣笠風の笠をかぶり、囃子と三味線の伴奏にのって演じます。

かつて20種余りあったという演目は、現在11演目が受け継がれています。
演目の中には、猪を倒す勇壮なものやひょうきんな仕草で観衆を笑わせたりするものもあり、毎年多くの観客が全国から訪れます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

.....