頭ヶ島天主堂

152
ライトアップされた頭ヶ島天主堂
ライトアップされた頭ヶ島天主堂

頭ヶ島(かしらがじま)の山裾にある小さな集落の奥に「頭ヶ島天主堂」があります。

29もの教会が点在する新上五島町において、頭ヶ島天主堂は同じ国指定重要文化財である青砂ヶ浦天
主堂とともに2大遺産であり、世界遺産暫定リストにも登録されています。
幕末までは無人島であった島に建てられた小規模な天主堂ですが、国内でも珍しい粗石造りの天主堂は、新上五島町出身で教会建築の巨匠故鉄川与助氏の設計・施工によるものであり、意匠にも優れてい
ます。

島内の石を切り出し、積み上げて造られた天主堂は周辺の環境と調和して美しく、かつての信徒たちの苦労がしのばれる景観です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします