神津島の漁村伝承文化「建切漁業(巾着漁)」

183
建切網漁
建切網漁

昔から漁業の盛んな神津島(こうづしま)では、漁師が集団で持ち場を組んで行う伝統漁法「建切網漁(巾着漁)」が行われており、船主組合という組織を中心に、漁船にかかわる神事などが残されています。

天草干し
天草干し

港口には漁船の豊漁安全を見守る龍神様が祀られ、毎年8月2日、物忌奈命神社の例大祭に行われる「神津島のかつお釣り行事」では、漁師の若者たちが神社境内を漁場にみたてて、かつおの一本釣りの所作を演じ、その年の豊漁を祈願します。
また、生活の中で信仰されてきた猿田彦大神や数多くのお堂、良質な天草で作るトコロテンや明日葉汁をはじめとする郷土料理など、神津島の伝承と暮らしの景観が引き継がれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします