松島の暮らしを支える海士(あまし)の人たち

110
1艘の船に乗り協力し合い海士漁を行う島の男達
1艘の船に乗り協力し合い海士漁を行う島の男達

九州本土から3.2kmに位置する佐賀県の松島(まつしま)は、面積 0.63km2の小さな島で、島の東西双方に100m~138mの高台があり、海に面して教会があります。

松島の男性の主な職業は海士(あまし)。サザエやあわびなどを素潜りで捕ります。
海士漁は、1艘の船に島の海士10人全員が乗り込み一緒に漁を行います。
互いの安全、暮らしを支え合う松島ならではの光景です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします