南大東島、海辺の海水プール

114
穏やかな夕暮れ、夕陽の下で子供たちが魚とりや水遊びをする姿が印象的
穏やかな夕暮れ、夕陽の下で子供たちが魚とりや水遊びをする姿が印象的

沖縄本島から東へ約360km、太平洋の荒波の真っ只中に位置する南大東島(みなみだいとうじま)は、サンゴ礁が隆起してできた島で、砂浜がなく、岩礁が島の周りを取り囲んでいます。
島の西南部に位置する塩屋の海辺の岩礁では、晴れた日の夕暮れ時には、夕陽を浴びて魚とりや水遊びを楽しむ子供たちの姿を見ることができます。
島には岩礁を掘り取った海水プールが塩屋ともう1箇所にあり、子供たちは大自然の中で安全に泳ぐことができます。

島には高校がなく、中学卒業と同時に島を離れる子供がほとんどですが、海辺や海水プールで遊んだ日々は、島での楽しい思い出のひとつとなっているでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします