中島、ミカンの天国

166
傾斜地での作業
傾斜地での作業

瀬戸内海の安芸灘と伊予灘との間に位置する中島(なかしま)は、傾斜地を活かしたみかん栽培など農業が盛んな島です。

四方を海に囲まれ、急斜面にできたミカン畑は、陽の光を十分にあびることができる上、海からの太陽の反射の恵みもあります。
さらに、海からの贈り物である潮風がますますミカンをおいしくするのです。
特に、瀬戸内海にある忽那諸島は、そのような環境にめぐまれています。

出典:国土交通省「島の宝100景」(http://www.mlit.go.jp/crd/chirit/shimanotakara100kei.html)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします