新居大島の秋祭り「夜宮(よみや)」

80
勢揃い宮入り
勢揃い宮入り
.....

新居大島(にいおおしま)の秋祭りは10月第2土曜日と翌日に行われ、土曜日の夜は「夜宮(よみや)」と呼ばれるだんじりが雪洞(ぼんぼり)と提灯(ちょうちん)を灯し、伊勢音頭の声も高らかに古い家並を練り歩きます。

古い家並の間を練り歩く夜宮(だんじり)

家々の軒には御神燈が吊るされ、その間を巡行するだんじりは大変風情があります。
唐破風の屋根に三層の高欄付のだんじりは、刺繍や染の幕と彫刻で飾られ非常に美しく、3町で3台あるだんじりは藩政時代のしきたり通り順番を守って運行します。

ゆらゆらゆれる雪洞と提灯は、夜の祭りを一層神秘的なものに演出しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

.....