小島のしまなみ海道に残る芸予要塞

176
堅牢な遺構は無傷に近いかたちで残されている
堅牢な遺構は無傷に近いかたちで残されている

瀬戸内海のほぼ中央部にある小島(おしま)は、明治30年代に芸予要塞が置かれた島として知られ、島内にはロシア艦船の侵攻を防ぐための砲台跡や弾薬倉庫跡、発電所跡などが残されています。

芸予要塞砲台跡を案内する観光ボランティアガイド

最近では、身近な歴史散策や子供たちの学習・自然体験の場として重要な拠点となっています。
キャンプ施設や遊歩道を利用した様々なコースも開発され、観光ボランティアガイドが案内するツアーの利用者も増えています。

島の自然と歴史を物語る遺構、さらにガイドとして活躍する人々などにより、島の新しい景観が生まれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします