粭島の貴船祭

154
金銀の神輿、白装束の海の男達は「古代の錦絵」を見るよう
金銀の神輿、白装束の海の男達は「古代の錦絵」を見るよう

粭島(すくもじま)で毎年夏(7月下旬から8月上旬の日曜日)に行われる勇壮華麗な「貴船祭」は、約330年前に創始された海上安全と豊漁を祈願する伝統行事であり、日本有数の「海の祭」として知られています。

貴船神社までの海上、約500mを進む「神輿」
貴船神社までの海上、約500mを進む「神輿」

島の先端から貴船神社まで約500mの海上を「神輿」を浮かべ2時間の行程で往復します。
ブルーの海に金銀の神輿、白装束の海の男達、岸辺からの観客の声援はさながら「古代の錦絵」を見る様です。
この祭を中心に前後3日間は、九州や関西からも多くの観光客が訪れ、島の人口は日頃の何十倍かにふくれ上がります。

勇壮な祭りの景観が今もなお島の人々により受け継がれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします