竹富島、和の中の気「種子取祭」

127
祭りにかける、おじい、おばあの気迫を見てください!
祭りにかける、おじい、おばあの気迫を見てください!

竹富島の集落で毎年繰り広げられる種子取祭は、種を蒔き、無事に育つことを祈願する農耕行事です。
祭りは陰暦の9、10月に10日間にわたって実施され、多くの人でにぎわいます。

昔ながらのサンゴの石垣、島の人たちによって掃き清められた砂の道の上を、祭りの会場に向かうために唄い、踊りながら進む集落の人々。

この祭り(種子取祭)が始まった時から、長い年月にわたって繰り広げられてきた光景が、今もなお引き継がれ、継承されていく。
その島の人たちの心意気が伝わります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします