渡嘉敷島、魚が泳ぐ町並み

131
小学生が卒業制作で描いた壁画
小学生が卒業制作で描いた壁画

渡嘉敷島(とかしきじま)の小学校では、子供たちの卒業制作として学校の壁や港の岸壁に魚の絵をかくことが多いのですが、その卒業制作の練習か、島の集落の真ん中を通る一本道に面した家では、家の壁にも魚が描かれ、元気よく泳いでいます。
南の島独特のカラフルな魚がダイナミックに描かれ、海に囲まれた島の文化とこの絵を描く子供たちの存在を感じさせる風景がみられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします