答志島、八幡神社の神祭

123
お的を担いで坂を駆け上がるお的衆と墨を奪うために待ちかねる島民
お的を担いで坂を駆け上がるお的衆と墨を奪うために待ちかねる島民
.....

答志島(とうしじま)、八幡神社の祭礼である「神祭」は毎年旧暦の1月17日~19日に行われます。
弓引神事は、祭の中で最も盛り上がる迫力満点の行事です。

獅子舞が鰤を丸呑みする様子

「お的衆」と呼ばれる若者たちが、畳一枚半ほどの「お的」(木組みに紙を張って墨を塗ったもの)を担いで坂を駆け上がると、待ちかねた町民が次々とお的に飛び込み墨紙を奪い合います。
人々は護符にかわるこの墨紙で家の戸口や船に「丸に八の字」を書いて、1年の大漁と家内安全を祈願します。
弓引神事の後、舞台では獅子舞が始まります。

町民一丸となって祝う勇壮な祭りは、島の若者たちによって今も受け継がれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

.....