屋久島の住民の憩いの場「海辺の温泉」

107
集落の有志による温泉の清掃
集落の有志による温泉の清掃

屋久島(やくしま)には海岸から温泉が湧き出てている場所がいくつかあります。

湯泊温泉

そのうちのひとつ平内海中温泉は、約400年前に海岸の岩の間から湧き出す湯を見つけた人々が、石ノミで岩を削り石を積んで湯船の原形を造りました。
昭和34年頃までは集落をはじめ屋久島の人々の湯治場として栄えました。
これらの温泉は、集落の人々の生活の一部となっているほか、最近は観光客も訪れるようになりました。

地元集落では、毎月有志で温泉の清掃を行っています。
また、入浴された観光客の寸志「100円」が「村づくり」の財源として活かされています。

出典:国土交通省「島の宝100景」(http://www.mlit.go.jp/crd/chirit/shimanotakara100kei.html)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします