周防大島の久賀引山太鼓

252
大鳥居前、太鼓を奉納する小学生メンバー
大鳥居前、太鼓を奉納する小学生メンバー

周防大島(すおうおおしま)・屋代島(やしろじま)の久賀引山太鼓は、平安時代中期に、村の鎮守の
神様として久賀の八田山に迎えられた八田八幡宮に奉納したのが始まりで、現在のようなリズム太鼓となったのは江戸時代中期と推定されています。

「クリスマスキャンドルフェスタ」に女子中学生選抜メンバーが出演

当時より、秋の収穫と豊漁を祝って、各集落が山車を製作し9月中旬の秋祭りに太鼓を先頭に町内を練り歩き、太鼓を競い合う、勢いのある祭りでした。

昭和35年頃に一時絶えましたが、昭和50年に久賀町商工会青年部の有志が山車と引山太鼓を復活。その後、久賀引山太鼓保存会が結成され、地域の活力であるお祭りと伝統ある太鼓を後世へ残すため、子どもたちにも指導し、地域イベントなどにも出演しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします