奄美の大音楽祭「あまみっけ。の日」開催レポート

233

奄美のアーティストが大集合!1000人の観客を魅了

2017年1月28日、東京都恵比寿ザ・ガーデンホールを皮切りに、「唄う島」~奄美大島~自然と人が奏でるライブイベント「あまみっけ。の日」がスタートしました。

中 孝介

「あまみっけ。の日」は、(一社)あまみ大島観光物産連盟の「DMO(観光地域づくり)」の取り組みの一環。趣旨に賛同した奄美関係アーティストが集結しライブを行ったほか、パネルディスカッションで奄美大島ならではの魅力を伝え訪れた約1000人の観客を魅了しました。

「あまみっけ。の日」東京会場にて

東京会場に出演したのは、元ちとせ・中 孝介・カサリンチュ・城 南海・The SKA FLAMES・Ryu Matsuyama・石野田奈津代ほか、奄美に所縁のあるアーティスト総勢10組。元ちとせがナレーションを務めた「あまみっけ。オリジナルムービー」で幕を開け、同作品の音楽を担当したRyu Matsuyamaを皮きりにライブがスタート。島唄をルーツに持つ奄美特有の歌声や、島の情景が浮かぶオーガニックかつオーセンティックな演奏で観客を魅了しました。

城 南海
城 南海
カサリンチュ
カサリンチュ

また、ライブ間に行われたパネルディスカッションでは、各アーティストが所縁の場所や自身の思い出を紹介。“ここだけの話”に客席の笑いを誘いながら、奄美大島ならではの楽しみ方や魅力を伝え、最後はこの日集まった約1000人の観客と伝統の踊り「六調」を踊りながら大円団のフィナーレを迎えました。

パネルディスカッション
パネルディスカッション

島内なんてぃ、「あまみっけ。の日」開催

「あまみっけ。の日」は今後、会場を奄美大島に移し開催されます。島内会場にも東京で出演したアーティストが各地で出演するほか、島内アーティストも多数出演し、島唄や伝統の踊り等、地元開催ならではの魅力が満載のイベントとなっています。

3月4日(土)住用町

  • 住用町マングローブパーク 開演14:00、終演15:30
  • 入場料:前売り/2000円 当日/3000円 住用町在住/1000円 高校生以下/無料
  • ゲスト:中孝介 その他、地元出演者

3月11日(土)名瀬

  • AIAI広場 開演14:00、終演15:30
  • 入場料:無料
  • ゲスト:元ちとせ その他、地元出演者

3月12日(日)笠利町

  • 奄美市笠利農村環境改善センター 開演14:00、終演15:30
  • 入場料:無料
  • ゲスト:元ちとせ その他、地元出演者

あまみっけとは?

奄美大島の類まれな魅力が持つ、風景、情景、背景を奄美景(あまみっけ。)として世界中に発信することを目的とした奄美大島の観光情報メディアです。
地域在住フォトライター、住民の方々、奄美大島が大好きな皆さんと一緒に”奄美大島”を世界に発信しています。ガイドブックには載っていない、地元を熟知するライターだからこそ書けるグルメや絶景情報、アクティビティやお土産など奄美大島の魅力をたっぷりとお届けしています。
ぜひ、公式サイトを訪れてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア