誕生ストーリー

日本の離島を元気にするニュースサイト、『リトレンゴ』ができるまで

1. 島の現状、島が抱える問題

特定非営利活動法人對馬次世代協議会
特定非営利活動法人對馬次世代協議会のメンバーの皆様

プレスマンの事業を行っているとたくさんの異業種の方々とお会いすることがあります。特定非営利活動法人對馬次世代協議会(通称「対馬コノソレ」)の理事長である、須澤佳子さんもそのお一人です。彼女はもともと東京都出身で、九州の健康食品会社にて企画開発のお仕事をされていたときに、対馬を知り、対馬に魅せられ、「宝物のあふれる対馬のことを、もっと東京の人にも知ってほしい」という強い想いを持たれたそうです。その後、当時付き合っていた彼(現在のご主人)を残し、平成23年4月に設置された「対馬市島おこし協働隊」の第一期生として対馬に単身移住され、対馬の活性化事業に取り組んでこられました。

私たちは、須澤さんとの出会いをきっかけに、離島が抱えている問題について知ることになりました。具体的には、

  • 若者を中心とする人口の減少
  • 急激な過疎化・高齢化
  • 離島地域の活性化

などです。
各島では観光交流促進を行い、地域振興に繋げる努力をされている中で、ITを駆使した効果的な観光客誘致のプロモーションに悩んでいることがわかりました。また、本土では作ることができないような、離島ならではの希少価値の高い特産品をどのように販売していいのかわからず、苦戦している現状を知りました。

2. 社会的意義のある仕事を行いたい

株式会社プレスマンのオフィス
株式会社プレスマンのオフィス

私たちは、そのような島が抱えている問題をお聞きし、何か少しでも離島地域の活性化に貢献したいと思い、対馬コノソレの公式ウェブサイトを、先ずはボランティアでリニューアルさせていただくことにし、実行いたしました。

当初は、私たちプレスマンスタッフ数名で、仕事の空いている時間に行っていたリニューアル作業でしたが、各々が進めているうちに、「自分たちが主体となって離島地域活性化に役立つ事業を行いたい」という想いがどんどん膨れ上がってきました。しかしながら、新規事業の立ち上げを行うには、できるだけ早く収益を上げるビジネスモデルを構築する責任が発生します。それには、私たちスタッフの時間的な余力が無く厳しいため、半ば諦めていました。

そんな時に、プレスマンにはオープンベンチャー制度があることを思い出したのです。オープンベンチャーの審査をパスしたプロジェクトは、自分たちの責任において業務時間を500時間まで使うことができます。そこで、私たちは「リトレンゴプロジェクト」として第2回オープンベンチャーに応募してみようということになりました。

3. 社内オープンベンチャー出場

オープンベンチャー当日の様子
第2回オープンベンチャー当日の様子

2016年11月1日に開催された、第2回オープンベンチャー(OV2)。私たちプレスマンスタッフ3名と、学生2名からの応募があり、当日は4組5人からのプレゼンテーションとなりました。結果は、見事、リトレンゴプロジェクトが最終選考をパスしました。

4. 2017年2月17日、リトレンゴOPEN

サイトOPENを記念し「日本の離島フォトコンテスト」も開催中
サイトOPENを記念し「日本の離島フォトコンテスト」も開催中

その後、何度かの企画会議などを経て、ようやく私たちの熱い想いが詰まったサイトがオープンしました。これからが私たちリトレンゴのスタートです。
私たちリトレンゴでは、ITの力を使って、島おこしの取り組みをはじめとして、観光スポット・イベント・ツアー・グルメなど、最新かつ独自の切り口で、島の魅力や旬の情報をお届けすることで、島も人も元気にするというコンセプトで活動しております。
リトレンゴから発進する情報により、より多くの人が離島の魅力を感じてもらい、離島に足を運んでもらうことで、離島が活性化し、両者が元気でハッピーになることが、私たちリトレンゴの元気とハッピーにつながると信じて活動しています。
私たちのビジョンはこちら

5. 私たちリトレンゴスタッフと一緒に、島を元気にしませんか?

プレスマン2017年度入社式
2017年度入社式の様子

私たちは、「日本の離島をIT×人力で元気にする」というビジョンのもと、質の高いオリジナルコンテンツの提供に日々励んでおります。しかしながら、私たちだけの力だけでは限界があります。
そこで離島が大好きな方・離島にお住まいの方に、ぜひ公式Facebookをフォローしていただき、リトレンゴにて記事を掲載またはシェアさせていただけるような島の情報を、メッセージなどでお知らせくださると大変助かります。
離島に活動の本拠地を有する自治体・任意団体・企業様からの掲載依頼は、全て無料で承っておりますので、ぜひご検討ください。

また、私たちが知らない離島の魅力的な情報をお持ちの方、「リトレンゴ観光大使」として一緒に島を元気にする活動に参加してみませんか?
皆様の貴重な情報が日本の離島を元気にし、離島活性化につながります。
少しでもお力を貸していただけると嬉しいです。

リトレンゴ公式Facebookはこちら
よくあるご質問はこちら