豪華景品?アイランダー2017で島のワークショップに無料で参加してみた。

59
アイランダー2017

2017年11月17・18日に行われた「アイランダー2017」に参加してきました!約200の島がブースを構えてPR活動や移住相談、物産販売、ワークショップを行っていました。

その中で、参加したワークショップについてレポートしたいと思います!約10種類ほどのワークショップを行っているブースがありました。島の伝統工芸品を作ってみたり、採石したり、子供から大人まで楽しめるワークがありました。

数あるワークショップの中で、今回は佐渡島(さどがしま)の「金塊つかみ体験」と、祝島(いわいしま)の「練塀(ねりへい)パズル」を体験してきました。

島の特色を活かしたワークショップを体験!

かつて金山で有名だった佐渡島の「金塊つかみ体験」

新潟県の沖合に浮かぶ佐渡島(さどがしま)は、沖縄本島に次ぐ大きな島です。島はかつて、金山・銀山が存在し採石で栄えました。その遺構を世界遺産に登録しようという活動が活発に行われています。

金の有名な佐渡島からのワークショップは「金塊つかみ体験」です。参加費は無料でした。

はじめに言っておきますが、金塊は取り出せてももらえません!

ルールは単純で、1分以内にアクリル板に片腕の大きさほど空いた丸い穴から、金塊を取り出すだけです。

地元にある金山の資料館では、名物企画で人気の観光スポットとなっており、アイランダーでも人が行列をなしていました。少し待って、よーい、スタート!

手を入れて、上からつかみますが、持ち上がりません。ならば下手に持ち上げます。

一気に穴まで持ってきて、金塊を穴の外へ引っ張り出そうとしますが、この穴の大きさが絶妙でなかなか抜けません。

勝手に自分でルールを作ってしまい片手だけしか使えないと思っていたところに、まさかの一言。係の方が「両手でもいいよ。」とアドバイス。すぐさま両手で応戦します。

あとは指の力が鍵となります。指の力いっぱいに引っ張り、ふとしたタイミングでスルスルと金塊が箱の外に出てきました!

後に聞いた話では、今回アイランダーに持ってきた金塊はレプリカで重さは7.5kgだそうです。本物の金塊は、島の資料館でのみ体験できるらしく、そちらの重さは12.5kgだそうです。今回体験したものでもだいぶ重かったのですが、これにプラス5kgはかなり難しそうです。

すぐに金塊は没収され、元の位置に戻されますが、1分以内に取り出せた場合、賞品をもらうことができました!

え、まさかの金塊??

いいえ。ティシュボックスです。ユーモアのある賞品です。

それに加えて、お米もついていました。お米の名産地の新潟とあって、佐渡島もお米の生産地の一つです。パッケージには島の象徴のトキがデザインされています。

無料で、金塊を取り出すという夢が膨らむワークで、賞品までついてくる、非常におもしろい体験ができました。

実用的かつ芸術的!?祝島の「練塀パズル」

山口県の周防灘(すおうなだ)に浮かぶ祝島(いわいしま)は、島の形がハート型をしています。島には、練った土と石を何重にも積み重ねた壁、「練塀(ねりへい)」が今もなお現存しています。暴風や防火対策として古くから作られており、練塀が設置されて以来、大火事は起こっていないそうです。集落にそびえる練塀の景観が、写真家や芸術家に人気のようです。

そんな祝島ブースで開催されたワークショップが「練塀パズルにチャレンジ」です。参加費は無料でした。

内容は練塀が印刷されたパズルを制限時間5分以内に完成させると、カレンダーの景品がもらえるそうです。

早速スタートです。

幼少期に都道府県パズル以来のパズルで、懐かしさも感じつつ、ピースを合わせていきますが、練塀が似たような柄をしているために、なかなか進みません。

後から始めた隣の幼稚園生が、「できた!」という声を横目に、集中して励みなんとか完成しました。

タイムは「5分22秒」。あと22秒間に合わず、景品はお預けになってしまいました。

しかし、参加賞としてポストカードをいただきました。

島ネコと練塀のコラボした可愛い写真でした。

いくつになってもパズルは楽しめるようです。

単純だけど面白い!ワークショップに参加してみて

先日行われた、アイランダー2017では様々なワークショップが出展されていました。ほとんどのものが無料で参加でき、場合によっては景品ももらえたり子供も大人も楽しめるものばかりでした。

今回は二つのワークショップに参加しましたが、どちらも簡単なワークですが、島の特色や要素を取り込んでおり、ついつい夢中になってしまいました。

ワークショップは楽しく島のことについて知れるツールとして、非常に魅力的でした。

アイランダー2017のレポート記事も合わせてお読みください!
参加レポート→https://www.ritorengo.com/airanda-2017/
グルメレポート→https://www.ritorengo.com/airanda-2017gurume/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします