ふるさと海士のCASシステムが「2016年度ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」政策奨励賞を受賞

251
.....

地域に眠る名品と、それを支えるストーリーや取り組みを発掘

地域の素晴らしさを域外の消費者に直接伝えようとする新たなチャレンジを、より多くの人に知ってもらうことを目的とした表彰制度「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の表彰式が、3月21日(火)中央合同庁舎8号館講堂にて行われました。

表彰式には、最終審査員を務める山本幸三地方創生担当大臣、古田秘馬実行委員長、増田寛也さん(野村総合研究所顧問)、富永美樹さん(フリーアナウンサー)、和田明日香さん(モデル・食育インストラクター)も出席し、代表として山本大臣から挨拶が行われました。
また、AKB48 Team 8 東京都代表 小栗有以さん、三重県代表 野田陽菜乃さん、奈良県代表 大西桃香さんがゲストとして登場し、受賞者へお祝いのコメントが贈られました。

受賞名品一覧

地方創生大賞・ヒト部門

「KUHANA!」映画部(三重県桑名市)
<モテパパサポート部門・モテパパLAB.>より選出

地方創生大賞・モノ部門

柿バター(奈良県五條市)
<こんなのあるんだ!部門・47CLUB/電通>より選出

地方創生大賞・コト部門

立川市プレミアム婚姻届(東京都立川市)
<ふるさとタイムお土産にしたい地元名品部門・J:COM>より選出

政策奨励賞

ふるさと海士のCASシステム(島根県海士町)

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」とは?

地域の中には日本全体ひいては海外にも通用する潜在力の高い名品やストーリーがたくさん眠る一方、域外の消費者は、こうした未開拓の資源の存在をほとんど知る機会がなく、また、地域の側もそのポテンシャルをどう伝えればいいのか、戸惑いがあるのが現状です。

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員会では、地域の素晴らしさを域外の消費者に直接伝えようとする新たな地域のチャレンジをさらに効果的に、より多くの人に知ってもらうべく、意思を同じくする民間企業が知恵と力を合わせて、地域に眠る名品と、その名品を支えるストーリーや取組を様々な角度から発掘されています。

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」政策奨励賞とは?

新たに創設された賞で、各部門から推薦があったものの惜しくも地方創生賞を逃した候補に、内閣府が政策的見地から特に推薦する候補1つを加えた4名品の中から、地方創生を政策的に推進する上で特に表彰に値するものに政策奨励賞1名品(3名品は入選)が表彰されます。

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員会

実行委員長

古田 秘馬

幹事社(12社)

エイチ・アイ・エス、産経新聞社、J:COM、ジェイティービー、大日本印刷、テレビ東京コミュニケーションズ、電通、トライステージ、ドゥ・ハウス、日本郵便、Yahoo! JAPAN、楽天

会員企業・団体(12社・団体)

アイランド、朝日新聞社、角川アップリンク、サイバーエージェント・クラウドファンディング、スターツ出版、世界文化社、ソニー企業、プレジデント社、モテパパLAB.、リクルートジョブズ、リクルートライフスタイル、よしもとクリエイティブ・エージェンシー

後援

内閣府、農林水産省、経済産業省

表彰式の模様、各賞の詳細などは、ぜひ公式サイトよりご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

.....