第1回「日本の離島フォトコンテスト」結果発表

2151

予想をはるかに超える3500枚以上のご応募をいただいた、リトレンゴの「日本の離島フォトコンテスト」。素晴らしい写真をたくさんご投稿いただいたため、急遽、審査期間を延長し、本日Youtubeにて生放送で作品を発表いたしました。

今回はその中から、最終選考作品と、大賞に選ばれた作品をご紹介します。

大賞作品

Photo by Kohei Morita「小笠原父島」
Photo by Kohei Morita「小笠原父島」

「第1回日本の離島フォトコンテスト」大賞に輝いたのは、Instagram/Kohei Moritaさんからのご応募
東京都小笠原諸島、父島(ちちじま)の写真です。

海の向こうの積乱雲とスコールを眺める家族のシルエット。
ここは父島のコペペ海岸にあるトーチカの中で、戦跡の多い小笠原ならではの1枚となっています。一番左の女性は、海へ突き出た大砲の上に座っているんですね。

構図が大変素晴らしく、ストーリーを感じさせる写真のため、リトレンゴ編集部カメラマンからの評価が一番高い作品でした。

最終選考作品

今回の審査では、受賞作品を大賞1つに絞らなければならないため、結果発表当日の最後の最後まで、審査員全員が悩んで迷っていた作品がたくさんありました。
ここからは、最終選考まで残った作品の一部をご紹介させていただきます。

Photo by 西川雅章「長崎県対馬の厳原港と漁火」
Photo by 西川雅章「長崎県対馬、厳原港と漁火」

まずは、Facebook/西川雅章さんからのご応募
長崎県対馬(つしま)の「厳原港(いづはらこう)と漁火」の写真。

海にたくさん浮かんでいるイカ釣り漁船と、厳原港の色とりどりの灯りが合わさった、大変美しい1枚です。
対馬にはその名も「漁火公園」という観光スポットがあり、漁火を一望できたり水平線から何も邪魔されない綺麗な朝日を見ることができたりと、パノラマビューで対馬の海を楽しめる、おすすめの場所となっています。ぜひ一度訪れてみたいですね。

Photo by sora2355「大分県保戸島」
Photo by sora2355「大分県保戸島」

続いては、Instagram/sora2355さんからのご応募
大分県保戸島(ほとじま)の写真です。

まるで地中海の街を思わせる、保戸島集落の独特の風景を収めた1枚で、編集部内でも大変人気のある写真でした。スタッフからのコメントをご紹介します。
「個人的に離島をリゾートと捉えてなく、生活の場所だと思ってるので、海もあり、街並みもあり、山の中腹にお墓らしきものがあり、漁師町で人々が暮らしてるんだなーと。そして、海外みたいに色鮮やかで素敵!」

この保戸島集落は「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」にも選定されています。

Photo by 伊藤善行「新潟県佐渡島二つ亀」
Photo by 伊藤善行「新潟県佐渡島、二つ亀」

次の1枚は、Facebook/伊藤善行さんからのご応募
新潟県佐渡島(さどしま)にある“離島の離島”、二ツ亀の写真です。

この二ツ亀は、佐渡の北端にある島で、潮の満ち引きで離島になるとのこと。
海水浴場があり、島の中でも海の透明度が特に高いことから、佐渡の人気スポットとなっています。

撮影者の伊藤さんは、佐渡のPRフォトグラファーとして活動されており、佐渡の魅力が一目で伝わる素晴らしい写真をたくさん撮影されていますので、ぜひ他の作品もご覧いただければと思います。

Photo by KACCHIN「沖縄県竹富島、西桟橋」
Photo by KACCHIN「沖縄県竹富島、西桟橋」

続いては、Instagram/KACCHINさんからのご応募
沖縄県竹富島(たけとみじま)、西桟橋の夕日の写真です。

竹富島は、赤瓦の集落・水牛・島猫、そして竹富ブルーの海など、見どころいっぱいの島ですが、こんな美しい夕日を眺めることもできるんですね。雲の表情が本当に素晴らしく、何度見ても飽きない写真です。

竹富島は島での稲作が困難だったため、昔は「イタフニ」と呼ばれる船に乗り、この西桟橋から長時間かけて西表島に渡って、田を耕していたそうです。

Photo by 潤「愛媛県興居島、恋人峠」
Photo by 潤「愛媛県興居島、恋人峠」

次の1枚は、Instagram/潤さんからのご応募
愛媛県興居島(ごごしま)の恋人峠の写真です。

海水浴場と、伊予柑の産地で有名な興居島ですが、この恋人峠も絶景スポットとして人気があります。春の花いっぱい、向こうには桜、それから小さな船と航跡が写っていて、瀬戸内の長閑な春の陽気が感じられる、素敵な1枚ですね。

恋人峠からは、海を隔てて三津浜港、松山空港や四国山地も一望することができ、期待以上の絶景を楽しむことができますので、ぜひ実際に訪れてみてほしい場所です。

たくさんのご応募、ありがとうございました

今回、審査や作品のピックアップをさせていただいて思ったのは、「こんなマイナーなフォトコンテストに、こんな素晴らしい写真を応募してしまって本当にいいの!?」という恐れ多い気持ちと、「お仕事を通して、こんなにたくさんの素敵な離島の写真を見ることができて、すごく幸せだな」という、とても嬉しい気持ちでした。
たくさんのご応募、本当にありがとうございました!

なお、日本の離島フォトコンテストは、テーマを「離島の“青”」に絞り、引き続き作品募集中です。まだ参加されていない方は、ぜひご投稿いただければ幸いです。
https://www.ritorengo.com/island-blue-photo-contest/

皆様のご応募を心よりお待ちしております!
FacebookTwitterInstagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします