森と海と星に囲まれた極上のリゾート「NANGORA HILLS」、福江島に8月1日オープン

755
※画像はイメージです
※画像はイメージです

五島列島の世界遺産登録を見据えた、本格的なグランピング&リゾート施設

離島初のC2Cカーシェアリングサービス「BaRaCAR™」を運営する合同会社ファイブピークスでは、長崎県初となる森と海と星に囲まれたコンパクト型のグランピング&ビーチリゾート施設を2017年8月1日にオープンします。

グランピングとは?

グランピング(Glamping)とは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛け合わせた造語で、通常のキャンプと異なりテントの設営を必要とすることなく、大自然の中で初心者でも気軽に快適な宿泊体験が楽しめる、新しいスタイルのキャンプです。

「NANGORA HILLS」について

「NANGORA HILLS」では、全国初のドローンを利用した料理配膳が楽しめる海上レストランカフェ&バー(海に浮かべた2階建て筏)でのお食事や、海外で話題のジップライン、空飛ぶバナナボートをはじめとしたマリンアクティビティ体験など、豊富なプログラムが用意されます。
また、グランピングテント、コンテナハウス(4名様まで)が利用可能となっており、雨天時の食事・トイレやシャワーなどは、「NANGORA HILLS」に併設されている滞在型観光施設「BARAMON HOUSE」を利用して、快適に過ごすことができます。※展望露天風呂・屋外トイレ新設予定

合同会社ファイブピークスの取り組みについて

現在、合同会社ファイブピークスでは、人口減少による過疎化が進行している長崎県五島列島の観光の発展及び地域経済の活性化を目的として、既存のレンタカーとは異なる新しい仕組み(島民の所有する車の貸出し)個人間カーシェアリングサービス「BaRaCAR™」を推進しています。

このたび、新たに交流人口の拡大を目指して「滞在型観光」の促進を図りたいとの考えから、長崎県五島列島(福江島)の地域資源を活用したグランピング&ビーチリゾート施設「NANGORA HILLS」を8月1日よりオープンすることになりました。
顧客満足度を向上させる取り組みとして、宿泊施設及び飲食店(ケータリングサービス)並びに観光関連事業者とのレベニューシェアを強化し、様々な提供サービスの拡充を図っていきます。

詳しい内容や最新の情報などは、「NANGORA HILLS」公式サイトをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします