ギリシャ風レモンスープ

688
ギリシャ風レモンスープ
手前が本日の主役、ギリシャ「風」レモンスープです。

離島好きの皆さま、離島にお住まいの皆さま、はじめまして&こんにちは!
リトレンゴ編集部の日野です。

コールスローに引き続き、瀬戸田レモンのお料理レシピをご紹介します。
本日のレシピは、圧力鍋を使ったギリシャ風レモンスープです。
ギリシャでの正式名は『アヴゴレモノ』という名前のお料理で、ラム肉などで出汁をとり、お米やタピオカも入れたりする本格的なリゾットに近いものなのですが、今回は簡単&手軽に作れるよう、お米は無し&お肉の代わりにソーセージを使っています。
なので、あくまでギリシャ「風」レモンスープになります。

レシピ:ギリシャ風レモンスープ

ギリシャ風レモンスープ

材料(4人分)

  • レモン・・・・・・・1個
  • 水・・・・・・・・・600cc
  • コンソメ・・・・・・小さじ3
  • セロリ・・・・・・・50グラム
  • 人参・・・・・・・・1本
  • 玉ねぎ・・・・・・・1個
  • ソーセージ・・・・・4本
  • 卵・・・・・・・・・2個
  • ヨーグルト・・・・・50cc
  • ニンニク・・・・・・1欠片
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • バター・・・・・・・大さじ1
  • ローリエ・・・・・・1枚
  • セージ・・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・・・・適量
  • コショウ・・・・・・適量

作り方

  1. レモンを皮ごと薄く輪切りにします。
  2. 玉ねぎ、セロリ、人参をみじん切りにします。
  3. 圧力鍋にて、にんにく1欠片をオリーブオイルとともに弱火で炒めます。
  4. 香りがでできたら、玉ねぎを加えます。
  5. 玉ねぎがしんなりしてきたら、人参とセロリとソーセージを加え、軽く炒めます。
  6. 人参とセロリもしんなりしてきたら、コンソメと水を入れます。
  7. ローリエとバターを加え、圧力鍋に蓋をして強火にします。
  8. 火がクツクツしてくるまで煮込んだら、レモンを入れて圧力鍋のメモリを高圧にし、6分煮込みます。
  9. 6分経ったら火を消し、圧力が下がるのを待ちます。
  10. 待っている間に、卵2個をボールに割り入れ、よくかき混ぜます。
    もしあれば、泡立て器を使うと、より一層美味しくなります。
  11. 全体にふわっとするぐらいまで卵を泡立てます。
  12. 圧力鍋の圧が下がったら、泡立てた卵にヨーグルトと鍋の中の煮汁をちょっと入れて混ぜ、セージを加えて鍋の中に入れます。
  13. 塩コショウで味を整えたあと、全体を軽くかき混ぜて、出来上がり。

卵を入れるとふわふわしてまろやかですが、レモン大好き!という方は、卵なしでもすごく美味しいので、ぜひ一度お試しください。
今回はレモンを多めに1個丸ごと使ったレシピをご紹介しましたが、ちょっとレモンが苦手な方は、レモンを1/2個に減らすと食べやすくなると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
リトレンゴ編集部 日野
海なし県在住のIT企業戦士(なんでも屋)ですが、対馬の方と出会ったことをきっかけに、アイランダーやマルシェなどのお手伝いをさせていただき、おかげさまでこの離島専門メディア「リトレンゴ」もスタートさせることができました。島でお世話になった方々へ、少しずつでも恩返しできるよう頑張ります!