ホウボウと藻塩のあら汁

677

離島好きの皆さま、離島にお住まいの皆さま、こんにちは!
リトレンゴ編集部の日野です。

本日は、はるばる瀬戸内から埼玉にやって来たホウボウと、これまたはるばる国境の対馬からやって来た「藻塩」を使った、「ホウボウと藻塩のあら汁」のレシピをご紹介したいと思います。

こちらが瀬戸内のホウボウです。大きなヒレがついているのが特徴で、ちょっと変わった顔と体の形をしているのですが、とっても美味しいことで有名です。
なぜか近所のスーパーで突然売られていたので、思わず衝動買いしてしまいました。
このホウボウはわりと小さめだったのですが、目もほとんど濁っておらず、海なし県のお魚とは思えないくらい新鮮だったので、あら汁と一緒にお刺身にすることにしました。

こちらが対馬の藻塩です。たくさんの海藻と一緒に炊き込んでいるだけあって、たとえば藻塩と普通の精製塩と一粒ずつ比べてみると、全く味が違ってまろやかなのがよくわかります。

レシピ:ホウボウと藻塩のあら汁

材料

  • ホウボウのあら・・1尾分
  • 生姜・・・・・・・適量
  • 藻塩・・・・・・・適量
  • 水・・・・・・・・お椀4杯分
  • 氷水・・・・・・・2リットル程度

作り方

  1. 生姜をよく洗って皮を剥き、1mm程度に薄切りにします。
    あとで生姜の皮も使うので取っておきます。
  2. ホウボウの頭を縦半分に割り、エラ、血合い、長い胸ビレを取り除きます。
  3. 鍋に水と生姜の皮を入れ、沸かします。
  4. 沸いたら火を止めて、ホウボウのあらを入れます。
  5. あらの表面が白くなったら取り出し、氷水に晒してザルに取ります。
  6. 分量の水を入れた鍋にアラと生姜を入れ、時間をかけて沸く程度の火力に調整します。
  7. 灰汁が出てくるので、こまめにすくいます。
  8. 沸騰する前に火を止めて、味を見ながらお玉の中で藻塩を溶かし入れます。少しづつ調整していき、ちょっと薄いかな?と思うぐらいで止めます。
  9. 再び弱火で温めて、沸騰する前に止めます。この間もこまめに灰汁をすくってください。
  10. お椀に頭と汁を入れて、完成です。
完成!いただきます。
完成!いただきます。

今回は、この季節ならではのむかごの炊き込みご飯、蓮根と人参のきんぴら、そしてホウボウのお刺身と一緒にあら汁をいただきました。こまめに灰汁をとったおかげで、あら汁はおすましのようにすっきり澄んだ味で、とても美味しかったです。
藻塩は旨み成分が多くて優しい味のため、なかなか思ったような味の濃さにならない場合があります。そのときは、最後の仕上げのみ精製塩を足していくと、調整がしやすいと思います。

文化包丁で頑張ったお刺身
ホウボウのお刺身

今回、刺身用の包丁が無かったため、ホウボウを捌くのもお刺身にするのも、調理担当スタッフがよく砥いだ文化包丁1本だけで頑張りました。
でも美味しい魚が手に入ると、やっぱり良い包丁が欲しくなりますね。
おすすめの柳刃包丁や出刃包丁があったら、ぜひ教えてください!

あら汁で使った対馬の藻塩は、対馬コノソレ・オンラインマルシェで購入可能です。

汁物だけでなく、おにぎりや焼き魚・炒め物など、普通のお塩の代わりにひとつまみ加えるだけで、旨味が増してまろやかな味わいになるため、調理担当スタッフもお気に入りの一品です。
いつものお料理がさらに美味しくなりますので、ぜひお試しください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
リトレンゴ編集部 日野
海なし県在住のIT企業戦士(なんでも屋)ですが、対馬の方と出会ったことをきっかけに、アイランダーやマルシェなどのお手伝いをさせていただき、おかげさまでこの離島専門メディア「リトレンゴ」もスタートさせることができました。島でお世話になった方々へ、少しずつでも恩返しできるよう頑張ります!