島暮らしの魅力を発見!全国の島々が集まる「アイランダー2017」東京池袋で11月18日・19日開催!

472
アイランダー2017

離島が気になる!島に実際に住んでいる人の声を聞いてみたい!
でも、島の詳しい情報がなかなか見つからない・・・という方に朗報!
全国の約200もの島々が集まる祭典「アイランダー2017」が、東京・池袋のサンシャインシティにて2017年11月18日(土)・19日(日)の2日間にわたり開催されます。

アイランダーとは?

アイランダーは、島で生活する人、島を愛する人、島の発展を応援する人という意味合いのもとに、全国の島々が一体となって島のもつ自然・歴史・文化・生活などの素晴らしさをアピール!
交流人口の拡大、Uターン&Iターンの促進を図り、離島地域の活性化のために行われる交流イベントです。

1994年3月に第1回目の「アイランダー’94」が開催されてから、24年。
今回でなんと25回目の開催となります!

たくさんの人々で賑わったアイランダー2016
たくさんの人々で賑わったアイランダー2016

昨年の「アイランダー2016」は、2016年11月26日(土)と27日(日)に開催。
約14,000人もの方々が来場し、大盛況となりました。

アイランダーブース
アイランダーブース

今年も、全国の島々約200島がそれぞれの島の魅力をアピールし、さらに多くの人々に島への興味を持ってもらえるよう、たくさんのブースやステージプログラムなどの楽しい企画がパワーアップして用意されています。

小笠原諸島のフラダンス
小笠原諸島のフラダンス

島への移住を考えている方やもっと情報収集をしたいという方はもちろん、離島に興味はあるけれどもなかなか訪れる機会がないという方にも、ぜひ島の魅力を体験しに訪れてほしいイベントです。

今年はどんなアイランダーになる?

「アイランダーブース」

佐久島のブース
佐久島のブースにて

アイランダーの各ブースでは、日本各地の島々に住む人達と直接対話する機会を提供。
島での求人情報や観光スポットなど、現地の人から生の情報を入手できるほか、島の工芸体験などのワークショップも行っています。
また、普段あまり手に入れることのできない島の特産品も購入することができます。

宇久島のワークショップ
宇久島のワークショップ
島の特産品販売
島の特産品販売

「島の情報提供コーナー」

島の情報提供コーナー
島の情報提供コーナー

会場に設置された「島の情報提供コーナー」では、島での求人・空き家情報や漁業体験・自然体験など、離島の魅力を体験できる交流情報が掲示されます。

「アイランダーステージ」

慶良間太鼓の実演
迫力ある慶良間太鼓の実演

「アイランダーステージ」は、伝統芸能をはじめとした各島の魅力をライブで発信するステージです。
今年は、事務局の企画による外国人から見た日本の島の魅力や、離島留学を紹介するプログラムも行われる予定です。

「しまステーション」

みんなで作る「しま体操」
みんなで作る「しま体操」

「しまステーション」では、島と島をつないだ話し合いや島へ移住された方々の声を発信します。
また、全国の島々を紹介する「しま体操」など、来場者参加型の企画も盛りだくさん。
今年はリトレンゴも登壇予定です!

しまステーションでのTシャツ販売
しまステーションでのTシャツ販売(リトレンゴスタッフもお手伝い!)

「ハローワークコーナー」

アイランダーの「ハローワークコーナー」では、ハローワーク職員が来場者の求職相談に対応し、各島の求人情報を紹介します。
興味を持った島にどんな仕事があるのか、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

「島のグルメ食堂」

島のグルメ食堂
島のグルメ食堂

「島のグルメ食堂」では、キッチンカーが島の料理を提供します。
今年は離島キッチン(海士町)、鳥羽市(答志島他)のキッチンカーが出展するほか、島寿司などの弁当販売を予定しています。

さらに、参加者アンケート企画も!
回答した方には、もれなく島の特産品をプレゼント!何がもらえるかは抽選でのお楽しみです。

なお、昨年の「アイランダー2016」来場者アンケート結果によると、印象の良かった島ランキングは、

  • 1位:佐渡島
  • 2位:小笠原諸島
  • 3位:五島市
  • 4位:八丈島
  • 5位:竹富町

の順でした。

島のゆるキャラとの記念撮影
会場では、島のゆるキャラとの記念撮影も!

また、アイランダー来場前後での島のイメージについて、「島に行ってみたくなった」との回答が52%と最も多く、次いで「島を身近に感じた」(28%)、「期待した情報が得られ、理解が深まった」(7%)、「島の人と交流ができ、島へ行くきっかけができた」(5%)の順となっています。

来場者の主な声(昨年度)

40代男性

今回初めて来ましたが、日本にこんなにたくさんの島があることを初めて知りました。

30代男性

パスポートのいらない“海外”って素敵!
もっと島へ旅行に行きたい。

30代女性

島の皆さんがアピールに一生懸命で温かい気持ちになりました。

10代女性

(島の)ゆるキャラが見れて良かったです。
ピカリャ~(竹富町のゆるキャラ)と2ショットが撮りたかった。

60代男性

八丈太鼓を生で30年ぶりに見ました。
素晴らしかったです。

30代女性

充実した内容で子どもも楽しめました。

20代男性

初めて参加しましたが、どの島の皆様も元気で優しい。

50代男性

ここでしかないイベントなので継続してほしい。

アイランダー2017開催概要

アイランダー2017チラシ(※クリックで拡大)

開催日時

2017年11月18日(土)・19日(日)
10:00~18:00(2日目は17:00まで)

開催場所

池袋サンシャインシティ 文化会館(3F:展示ホールC)
※入場無料
アクセス情報はこちら

主催

国土交通省、公益財団法人日本離島センター

出展者数

81団体(島外出展含む)約200島

<参考>
日本の有人離島は、平成22年国勢調査によれば418島(内水面離島である沖島〈滋賀県〉を含む)となっています。
※国土交通省の資料(平成28年5月25日開催国土審議会第14回離島振興対策分科会配布資料「日本の島嶼の構成」)

今まで行ったことのない島に出会える、またとないチャンス!
アイランダーで、ぜひ皆さんのお気に入りの島を見つけてみてくださいね。

イベント詳細や最新情報については、公式サイトをご覧ください。
「アイランダー2017」公式サイトはこちら >> http://www.i-lander.com/2017/

取材協力・写真提供/©日本離島センター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします