沖縄本島から30分~日帰りできる離島「伊江島」で気軽に離島旅を楽しむ

649
伊江島
伊江島

沖縄には多くの離島があり、それぞれの島に異なる魅力があります。沖縄旅行の際には、ぜひ離島にも行きたいというのは多くの方が考えることですが、実際は日程や費用の関係で難しい・・・。そんな時には、本島から日帰りできる距離の離島を訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事では、美ら島水族館のある、沖縄本島本部町の本部港から、伊江村営フェリーで所要時間約30分で行ける離島、「伊江島(いえじま)」の魅力をご紹介しましょう。

伊江島について

伊江島は、沖縄本島北部、沖縄美ら海水族館のある本部半島の北西約9kmの洋上に位置する、周囲22.4kmの島。

沖縄の離島としては知名度が高いとは言えませんが、絶景が見られる美しい海やビーチあり、ゆり園やハイビスカス園あり、ゴルフ場あり、土地ならではの美味しいものあり。また沖縄戦の戦跡も多く残されており、歴史を振り返る貴重な経験もできる魅力的な場所です。

美ら島水族館から本部港まで車で15分、そこからフェリーで30分の距離なので、本島メインの旅行中であってもアクセスしやすい島の一つと言えるでしょう。

伊江島へのアクセス

本部港(那覇市内から車で約2時間)から、伊江村営フェリーで所要時間約30分

伊江島村営フェリー運航時刻表(2017年5月現在)
【通常時刻】
1便 伊江港発  8:00  本部港発 9:00
2便 伊江港発  10:00 本部港発11:00
3便 伊江港発  13:00 本部港発15:00
4便 伊江港発  16:00 本部港発17:00
※夏期、旧盆、年末年始、マラソン開催時やゆり祭り期間などの繁忙期は増便あり

【料金】
片道運賃 大人(12歳以上)720円  子供(6歳から12歳)360円
本部発往復 大人(12歳以上)1,370円  子供(6歳から12歳)690円

島内の移動

島内を一周するには車やバイクがあるほうが便利。城山を除き、ほぼ平坦な島であるため、自転車でのサイクリングもお勧め。

【レンタカー】

レンタカーは本島からフェリーで乗り入れ可能。
島内では、TAMAレンタ企画(伊江港すぐ)。※他にレンタルバイク、レンタル自転車の取り扱いあり。

【レンタル自転車】

上記TAMAレンタ企画の他、宿泊施設等でも取り扱いあり。

伊江島の見どころ

伊江島は大きな島ではありませんが、意外にも見どころの多い島です。日帰りはもちろん、宿泊してゆっくりと楽しむのもお勧め。

城山(ぐすく)

まず外せないのは、城山(ぐすくやま)。島民からは「ぐすく」「ぐすくやま」と呼ばれる、独特の形をしたこんもりとした山で、島民の信仰の対象として大切にされている聖地だそうです。標高は172.2M。本島や東シナ海からもこの山の形がはっきりとのぞめるので、古くから航海の目印とされており、島外でも「伊江島タッチュー」と呼ばれて親しまれているとか。

伊江島の観光名所としても開かれており、頂上まで階段で上ることができます。運動不足の方には少々きつい道のりですが、頂上まで上ると伊江島全体のパノラマビュー、そして本島までを見渡すことができる最高の眺めを楽しむことができます!ぜひ訪れてみてくださいね。

駐車場横にはお土産屋さんもあり、伊江島産の原材料を使った商品も販売されています。特に階段の上り下りでほてった身体にはアイスクリームが人気でしたよ。

湧出(ワジ)

島の北海岸に位置する60Mの断崖の下から清水が湧き出ることから、湧出(わじ)と呼ばれています。この水は昔から島の大事な水源地であり、今も飲料水として使用されているそうです。

その湧出の展望台からの眺めは伊江島一とも言える美しさ。断崖絶壁の下に広がる青々とした海と、白波が押し寄せる雄大な景色が沖縄らしさ、そして離島らしさを感じさせてくれて、旅の満足度がUPすること間違いありません。

伊江島のビーチ

もちろんビーチへもぜひ足を運んでみてください。泳げる季節はもちろん、泳げない時期であっても、美しい青い海とサラサラした白い砂のコントラストはいかにも沖縄らしくてお勧め。写真はGIビーチ。

湧出のダイナミックな景色と比べると、こちらは穏やかな景観です。

伊江島の海は、小さな島ながら、ダイナミックな北側の海と、白い砂地と珊瑚の南側の海で全く環境が異なるので、ダイビングスポットとしても人気だそうです。

ニャティヤ洞

島の南西部の海沿いにある、天然の洞窟のひとつ。島の西南部には多くの洞窟があるが、このニャティヤ洞は子宝を授かるといわれる聖石があり、島の名所になっています。海上から見えにくく、戦時中には防空壕としても利用されていました。

その他の見どころ

季節が合えば、ハイビスカスが1000種類以上も植えられているハイビスカス園や、GWごろに伊江島ゆり祭りが開催される、リリーフィールド公園を訪れるのもお勧めです。

その他、沖縄戦の激戦地となった伊江島では、数々の戦争遺跡も残されています。平和の尊さを改めて見つめなおす機会として訪れてみてはいかがでしょうか。

サイクリングのススメ

時間に余裕のある方は、ぜひ自転車で島内を散策してみてください。島の風を感じながらのんびりとした南国の畑や海岸沿いを走り、磯を見つけたら生き物たちを観察する、なんていう素敵な時間が過ごせますよ。

自転車は、上で紹介したお店の他宿泊施設などでも借りられます。サトウキビやタバコの畑を島風に吹かれながらのんびりサイクリング。離島ならではの、ゆったりとした時間が流れています。

やはり海沿いはとても気持ちがいい。磯に降りられそうな場所を見つけたら、ぜひ降りてみてください。

磯にはひとでや貝たちなどたくさんの生き物が。
「あ!やどかり!」

素晴らしい景色の中釣りをする方々にも出会えました。イラブチャーと呼ばれる、青い魚を釣り上げていたのが印象的。沖縄ならではの釣り風景です。

伊江島の食

離島では離島の名物も食べてみたいですよね。

伊江島には多くの名産品があるんですよ。有名なのは島らっきょう。伊江島の島らっきょうは、沖縄の他の島に比べてもふっくらとしていて味わい深いものだとか。

その他、落花生やさとうきびなども多く栽培されており、手作りの落花生豆腐(ジーマーミ豆腐)や落花生を使ったお土産、伊江島産の牛乳と落花生で作るアイスクリームなども人気です。

そして、実は伊江島は基牛(肥育牛や繁殖牛として飼養される前の、生後6~12か月の子牛)の名産地でもあるんです。伊江島で育った仔牛たちはのちに日本全国のブランド牛として育てられるそうですよ。そんな伊江牛を使ったバーベキューなども楽しめますので、お肉好きの方は要チェックです!

(料理の写真はいずれも、YYYクラブイエリゾート内メインダイニング 「パラダイス」にて撮影)

・・・・・・

本島から日帰りできる島ながら魅力がたくさん詰まった伊江島。沖縄旅行の予定に組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

※写真と体験談は2014年3月末のものです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
公式旅ライター mica
関西在住の美容ブロガー&Webライター。 二人の女の子を連れて、あちこち旅しています。