伊豆大島

    47
    伊豆大島の三原山

    伊豆大島とは?

    伊豆大島(いずおおしま)は、伊豆諸島北部に位置する伊豆諸島最大の島。東京都大島町が伊豆大島全域を町域としています。大島と名のつく島は日本各地にあるため混同しやすいが、国土地理院表記では伊豆大島となっています。
    火山の活動によってできた島で、活火山である三原山(みはらやま)が島の中央に位置し、1900年代に入っても小中規模の噴火が起きています。火口付近では、火山灰の砂漠が広がっています。
    海岸沿いには、すみっきた青色の海や海水浴場が広がっており、海と山、2つの面からレジャーを楽しめます。東京からのアクセスもよく、夏休みシーズンには家族連れや観光客でにぎわいます。ダイバーにも人気のスポット。2010年にはジオパークに認定されました。

    伊豆大島の海水浴場

    弘法浜

    元町港に近い島で1番にぎわう遊泳場。近くに設備も多数有り、便利。

    日の出浜(サンビーチ)

    名前通り日の出が見られるビーチ。消波ブロックにより波は穏やかで、小さなお子様連れでも安心して遊べます。

    野田浜

    岩場と砂浜があり岩場はダイビングポイント。岩場の天然のプールと砂浜からなる海水浴場です。

    伊豆大島の観光地

    三原山 ゴジラ岩

    よく晴れた日には富士山や伊豆半島をバックに凛々しく佇むゴジラの姿を見ることができます。1984年公開の映画『ゴジラ』は三原山火口へゴジラを落として結末を迎えますが、2年後の1986年、実際に三原山が大噴火。その際、三原山神社は奇跡的に被災を免れますが、お社を避けた溶岩流が作りあげたのがこのゴジラ岩…という、よくできた作り話のような誕生秘話があります。

    三原山 裏砂漠

    三原山の裏側にある、日本で唯一国土地理院の地図で「砂漠」と記載がされている場所。
    ほとんど植物はなく、見渡す限り黒い砂で覆われており、東京都にいるとは思えない神秘的な光景。
    テレビCMやPVのロケ地としてもよく使われている風景です。

    地層切断面(通称バウムクーヘン)

    大島一周道路を建設する際に山を切り崩したところ、断面に木目のような地層が出現したという場所。
    数百回に及ぶ三原山の噴火によって、火山灰が積み重なって作り上げられました。高さは約30m、長さは約600m以上にも及びます。
    大島の南西側にあるため、写真を撮るなら晴れた日の午後がベスト。地層がくっきり写ります。

    椿トンネル

    両側から椿の木々が覆いかぶさる美しい一帯が約100mにわたって続きます。昼間でも薄暗く幻想的な風景ですが、立派な都道。
    1月から3月にかけての椿の開花時期がとりわけ見頃です。

    伊豆大島への行き方

    海路と空路でアクセスが可能です。

    海路

    竹芝桟橋〜大島(高速船:約1時間45分 大型客船:約4時間)
    横浜桟橋~大島(大型客船:約3時間30分)
    熱海港~大島・久里浜~大島(高速船:約1時間)

    時期により運行時間・料金等が変更になりますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。
    http://www.tokaikisen.co.jp/

    空路

    新中央航空 調布飛行場~大島空港(約30分)

    時期により運行時間・料金等が変更になりますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。
    https://www.central-air.co.jp/

    伊豆大島の記事一覧

    伊豆大島の天気

    Okata, JP
    overcast clouds
    14.7 ° C
    14.7 °
    14.7 °
    100%
    4.6kmh
    88%
    13 °
    13 °
    13 °
    11 °
    12 °
    ※実際の気象状況と予報の間には差異が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    伊豆大島のレストラン

    準備中

    伊豆大島の宿泊施設