八丈島

    31
    八丈島

    八丈島とは?

    八丈島(はちじょうじま)は、伊豆諸島の島。同じ東京都八丈町に属している隣の八丈小島と区別するため、八丈本島もしくは八丈大島と呼ばれることもあります。
    気象庁による火山活動度ランクはCの活火山です。1964年には、富士箱根伊豆国立公園に指定されました。

    観光産業が発達しており、海外旅行が身近でなかった以前は「日本のハワイ」と呼ばれ、新婚旅行に人気のスポットでした。

    八丈島の観光地

    八丈富士(通称天空の道)

    伊豆七島最高峰で、標高は854m。富士山のように裾野へ美しく広がる姿が印象的です。
    お鉢(火口付近)まで整備された階段が続くため、標高のわりには比較的簡単に登ることができます。お鉢めぐりコースは「天空の道」とも呼ばれ、登山道がそのまま空につながっていくような絶景が続きます。天気がよければ、八丈小島や御蔵島まで見ることも可能です。

    裏見ヶ滝

    落下する滝を裏側から見ることができるので、「裏見ヶ滝」という名前に。マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。裏見ヶ滝までの道なりは遊歩道になっていて、入り口から徒歩5分程で滝が現れます。軽い散策にオススメです。

    登龍峠展望台(のぼりょうとうげてんぼうだい)

    山の上から道をみると、竜が昇ってくるように見えるので、「登龍峠」という名前に。展望台からは八丈富士・八丈小島・三根の町並みを眺めることができます。晴れた日には、三宅島や御蔵島を望むことも可能です。夜景スポットとしても知られています。

    八丈島の海水浴場

    底土海水浴場

    底土港から近い海水浴場。八丈島で最も大きく、唯一砂浜のビーチです。透明度が高く、海水浴以外にもダイビングスポットとしても賑わいます。

    神湊(かみなと)海水浴場

    神湊漁港隣の小さな穴場ビーチ。岩場だけでなく砂場もあり島の子供にも人気があります。魚が多く、シュノーケリングにも最適です。

    旧八重根海水浴場

    地元の子どもが多い岩場ポイントです。岩場をコンクリートの階段を下りていって楽しむ天然タイドプールのような場所なので、磯遊びやシュノーケリングにオススメです。

    八丈島への行き方

    海路

    東京・竹芝桟橋から「客船さるびあ丸」で所要時間10時間前後。
    一般料金は、2等で約8000円~10000円、特2等で約12000円~14000円です。

    詳しくはこちら→http://www.tokaikisen.co.jp/

    空路

    全日本空輸 (ANA)が1日3便を運航。所要時間は約50分。

    詳しくはこちら→http://www.town.hachijo.tokyo.jp/access/access.html

    時期により運行時間・料金等が変更になりますので、詳しくは各社のページをご覧ください。

    八丈島の記事一覧

    八丈島の天気

    Okazato, JP
    overcast clouds
    21.2 ° C
    21.2 °
    21.2 °
    100%
    5.5kmh
    88%
    20 °
    17 °
    20 °
    23 °
    19 °
    ※実際の気象状況と予報の間には差異が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    八丈島のレストラン

    準備中

    八丈島の宿泊施設