神津島

    23
    神津島

    神津島とは?

    神津島(こうづしま)は、伊豆諸島の島の一つで、活火山の火山島。東京都神津島村に属しています。伊豆諸島の有人島としては最も西にあります。
    島の形はひょうたん型をしており、天上山(標高572m)を中心とした北部と、秩父山のある南部とに大きく分けられます。本島のシンボル的存在である天上山は、9世紀の噴火で形成された溶岩ドームです。山頂部は比較的に平坦で、ここに「表砂漠」「裏砂漠」と呼ばれる砂地があります。また山頂部では本州では2000m級の高山に生育しているような高山植物も見られます。キャラクターはかんむりん。
    透明度の高い海水浴場が4つあります。

    神津島の海水浴場

    前浜海水浴

    場村落に面していて、アクセス抜群の海水浴場。約800mにわたって白砂が広がり、コバルトブルーの海が広がるビーチ。島の西側に位置することもあり、夕陽の眺めも最高です。

    多幸湾海水浴場

    比較的波が穏やかで、入り江の真ん中には松の木が生えた丸島が浮かんでいます。

    長浜海水浴場

    赤や黄色などの色とりどりの玉石があり、別名「五色浜」とも呼ばれています。

    沢尻海水浴場

    波消しブロックが設置されているため波が静かな、深い入り江状になった白砂のビーチ。
    白い砂浜も岩場もあるので、磯遊びにおすすめです。

    神津島の観光地

    天上山

    神津島の中央にそびえ立つ台状山、天上山。標高は572mながら、景観は日本アルプスクラスの稜線を思わせる不思議な顔を持つ山。1時間ほど歩けば島の絶景が目の前に広がります。

    ぶっとおし岩

    「ぶっとおす」は、強い力で貫き通すという意味があり、その名の通り中心部に人が通れるぐらいの大きさの穴の空いた奇岩です。波浪によって出来たこの岩穴は、ひんやりしていて天然のクーラー気分が味わえます。

    赤崎遊歩道

    島の北端・赤崎のゴツゴツとした岩場に囲まれた入り江に、約500mの遊歩道が整備されていて、散策ができます。飛び込み台もあり、透明度日本一にも選ばれたことがある海に思いっきりダイブするのもおすすめ。島有数のシュノーケリングやダイビングスポットとしても知られています。

    神津島への行き方

    海路

    竹芝桟橋から超高速船で3時間45分

    詳しくはこちら→http://www.tokaikisen.co.jp/

    下田から神新汽船で2時間30分

    詳しくはこちら→http://shinshin-kisen.jp/

    空路

    調布飛行場から飛行機で45分

    詳しくはこちら→https://www.central-air.co.jp/

    時期により運行時間・料金等が変更になりますので、詳しくは各社のページをご覧ください。

    神津島の記事一覧

    神津島の天気

    Tsubota, JP
    scattered clouds
    16.2 ° C
    16.2 °
    16.2 °
    100%
    2.7kmh
    48%
    18 °
    15 °
    15 °
    17 °
    19 °
    ※実際の気象状況と予報の間には差異が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    神津島のレストラン

    準備中

    神津島の宿泊施設

    準備中