1泊2日で16フライト!沖縄の島々を飛び交う『アイランドホッパー in OKINAWA』販売開始!

548

株式会社ジャルパックは、沖縄の空を縦横無尽に飛びまくり、島々を往来するツアーを設定。1泊2日の駆け足で8フライト・16フライト、2泊3日で少しゆっくり16フライトを楽しむ『アイランドホッパー in OKINAWA』を2017年12月27日(水)より発売開始しました。

本ツアーは2~3日間で16回または8回のフライトを組み込んだ行程です。島(地上)に腰を据え島内をゆっくり見て廻る普通の観光スタイルではなく、島と島の間を飛ぶ短距離飛行を数多くこなし、離島フライトシーンそのものを楽しむ内容になっています。
(8フライトツアーや3日間16フライトツアーは若干の観光時間を確保しています。)

何度飛んでもただの一度として同じではない飽きない機窓風景(しかも、地上がよく見える低高度)や、都会の空港とは異なったローカルな味わいのある島の飛行場の雰囲気に浸りながら、沖縄の変わり種ツアーが堪能できます。

アイランドホッパー in OKINAWA概要

出発日:
1泊2日コース 2018年1月3日(水)~2018年3月23日(金)
2泊3日コース 2018年1月3日(水)~2018年3月22日(木)
出発地:東京、最少催行人員:1名(小学生以下のお客様は参加不可)、食事:なし
URL:http://www.jal.co.jp/domtour/oka/island_hopper/

ここがすごい!『アイランドホッパー in OKINAWA』のおすすめポイント

本ツアーでは、島での滞在や観光を楽しむのではなく、多くのフライトを繰り返し離島フライトシーンそのものを楽しむ内容となっています。数あるフライトの中には、日本で一番短い定期航空便、北大東―南大東で約8マイル/約13キロ、飛行時間わずか5分(時刻表上は15分)のユニークなフライトも含まれています。

2泊3日コースでは1日目に5フライト、2日目に6フライト、3日目に5フライト、合計16フライトに搭乗し石垣、宮古、那覇、久米、与那国など沖縄の島々をめぐる旅を満喫できます。

機内からは、何度飛んだとしてもただの一度として同じでない機窓風景を楽しむことができ、乗り継ぎや発着で訪れる空港では、ゆったりとした時間が流れる島の雰囲気に浸りながら非日常を体験いただけます。

2日間でホッピングを行う1泊2日のコースもあります。

本ツアーではJTAとRACの沖縄県内の充実した空路ネットワークを利用し離島間を飛び回ります。
※日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアコミューター(RAC)は、ともに本社は那覇市にあり「うちなー(沖縄)の翼」として親しまれています。

機内での「しまくとぅば(島言葉)」の挨拶と窓から見える絶景の「美ら島(ちゅらしま)」に癒されながら、普段なかなか行くことのない離島や日本一短い定期航空便の旅が楽しめます♪

小型プロペラ機で奄美諸島のアイランドホッピング3日間ツアー概要


離島を空から眺める旅も、一味違った島の楽しみ方。一度にたくさんの島を見ることができるので、短いお休みでも絶対に島!という方にもオススメです!

ツアー詳細・申し込みは、こちら >>
http://www.jal.co.jp/domtour/oka/island_hopper/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします