『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群の「宗像大島」で観光音声ガイドサービスが10月スタート

39

富士ゼロックス福岡株式会社は、世界遺産への登録が決定した『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群の「宗像大島」で、観光音声ガイドサービス「大島聴き旅」を10月1日から宗像市に提供開始することを発表。同時に、「大島交流館」における展示物案内サービスも提供されます。

観光音声ガイドサービスは、GPS(全地球測位システム)と専用ポータブル端末を利用したサービス。利用者が、あらかじめ登録された観光スポットに近づくと自動的にアナウンスされる音声ガイドが楽しめます。年々増加している個人旅行を楽しむ日本人や、今年すでに2000万人を突破し今後も増加が予想される訪日外国人向けコミュニケーション活性化ツールとして最適なサービスです。

英語や他言語にも対応!地元の魅力を深く知る手助けに

「大島聴き旅」には世界遺産の構成遺産である「宗像大社中津宮」や「沖津宮遙拝所」をはじめ、「夢の小夜島」などの名所旧跡や観光スポットが登録されており、1周、約3時間で歩けるウォーキングガイドが収録されています。
利用者は日本語と英語から音声を選び、徒歩やレンタサイクルでコース順に沿って進むと、ガイドブックや地図だけでは知ることができない地元の魅力を深く知ることができます。今後は、車やレンタサイクル向けのガイドスポットや音声ガイドが対応するコースを増やすことも計画とのこと。

また、沖ノ島や大島の豊かな自然・歴史・文化など多くの魅力を発信し、来館者と島民が交流する施設であり、世界遺産へのガイダンス施設として7月にオープンした「大島交流館」でも、日本語・英語での展示物案内サービスを開始します。案内サービスは館内専用端末の画面で展示物の番号をタッチすると説明を聞けるサービスです。

今後は、中国語や韓国語にも対応予定。国内からの観光客はもちろん、インバウンド対策として有効活用が期待されます。

案内サービス導入をきっかけに、より観光地が盛り上がるかもしれませんね。

観光音声ガイドサービス「大島聴き旅」の概要

サービス開始日

平成29年10月1日(日)

貸出場所

大島渡船ターミナル

貸出時間

8:00~18:00(最終受付は16:00)

対応言語

日本語・英語(2017年度内に中国語・韓国語にも対応予定)  

貸出料金

1,000円(内保証金500円は端末返却時に戻ります)

お問い合わせ

宗像市商工観光課 TEL 0940-72-2211
宗像市世界遺産登録推進室 TEL 0940-36-9456

富士ゼロックス「観光音声ガイドサービス」について

観光客の散策やショッピングに活用でき、現在、全国の観光地、温泉地などで採用されています。

サービス詳細 >>
富士ゼロックス公式ホームページ
http://www.fujixerox.co.jp/solution/audio-guide/

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします