東京・伊豆諸島で離島ラン「神津島ジュリア・サンセットマラソン」エントリー締切迫る!

78

旅行先の島でのランニング「旅ラン」「島ラン」「離島ラン」。そんなキーワードにハッシュタグをつけてSNSで投稿するランナーが、ここ数年で増えています!さらに、島で開催されるマラソン大会もランナーたちの注目を集めています。
2017年12月16日(土)に伊豆諸島の神津島で開催される「神津島ジュリア・サンセットマラソン」もそのひとつ。
神津島の開催時(12月)の平均気温は20℃ほどと温暖で、走りやすい気候。島では、透き通った海や満点の星空、そしておいしい海の幸も楽しめます。

どんなコースを走るの?

スタートは、断崖絶壁やエメラルドグリーンの海を一望できる島東部の多幸湾。島中部の高台まで駆け上がり、海を見下ろしながら島西部の海岸まで下り、最後は海沿いを走るかなりハードな約13kmのコース。トレイルを走る区間もあり、距離は短いながら走り応えのあるコースです。

天候が良ければ、コース各所で絶景を望むことができます。ラストのビーチ沿いでは、夕日を眺める圧巻のサンセットRUNが待っています!(最終ゴールは16時。景色を見ながらゆったり走ってもサンセットには十分間に合う時間設定)

神津島の多幸湾

神津島を体験!温泉やグルメのお楽しみも!

神津島の12月は、冬の風物詩西高東低の気圧配置による、風速20m以上の強い西風が吹き、荒波となります。特に、西海岸は、風と波しぶきを体験が出来ます。空気が澄み渡り、島北側の折り返しの黒根からは富士山を望むことができ、西海岸からの夕日は絶景です。

ゴール後は、神津島温泉保養センターへの送迎サービスあり。海を見ながら温泉に入れる(水着着用)人気スポットです(温泉施設利用は有料)。身体の芯まで温まります。
温泉で疲れを癒したら、アフターパーティー(※)へ!
同じレースを走ったランナーや地元の方々と、壮大な星空を眺めながら、神津島の地元グルメや郷土芸能を楽しめます。

※パーティーの参加費は大会参加料に含まれます。

大会要項

開催日2017年12月16日(土)
開催地東京都神津島村
主催神津島ジュリア・サンセットマラソン大会実行委員会
主管オフィスプライヤ
後援神津島村、NPO法人神津島観光協会、神津島体育協会、神津島村商工会、神津島村漁業協同組合、神津島社会福祉協議会、神津島交通安全協会、神津島村消防団、神津島村建設業協会、神津島ダイビング協会(順不同)
協力大島支庁神津島出張所、新島警察署神津島駐在所、東海汽船㈱(順不同)
種目・参加資格13km・20歳以上の健康な男女
制限時間12時スタート、16時最終ゴール ※4時間設定
参加料7,000円(税込) ※アフターパーティ料込
定員150人
エントリー終了日11月10日(金)予定
スタート場所多幸湾
フィニッシュ場所前浜船客待合所広場(まっちゃーれセンター広場)
日程12月15日(金) 22:00 東京港発(竹芝ふ頭)
12月16日(土) 10:00 神津島港着
10:30 受付開始
三浦漁港船客待合所前(東京都神津島村字多幸)
11:45 開会式
12:00 スタート
16:00 最終ゴール
16:30 温泉送迎
18:30 表彰式・アフターパーティー
20:30 終宴・解散
12月17日(日) 出港までフリー
(※島を見下ろせる展望台への送迎サービス実施予定)
10:30 神津島港発
20:00 東京港着 解散
参加賞神津島特性手ぬぐい
サメジャーキー
表彰一般男女、20~30歳代、40歳代、50歳以上の3部門の上位3位まで表彰
※入賞者には、キンメ鯛など島の名産品を後日郵送

 

神津島は、金曜日の夜(22:00)に東京港(竹芝ふ頭)を出発する船でむかうことができるので、週末の島旅&マラソン大会参加が気軽にできてしまうのが、魅力の一つでもあります。

離島ならではの非日常感を味わえるマラソン大会に参加して、今年の走り納め
仲間との忘年会や家族旅行などを兼ねて、「離島ラン」してみませんか?

「神津島ジュリア・サンセットマラソン」詳細・エントリーはこちら >>
http://kouzushima-sunset-marathon.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします