九十九島の食材を東京丸の内で堪能!“くじゅうくしまるのうち” 「九十九島~海風の国 佐世保・小値賀~フェア2017」開催中!

66

東京・丸の内エリアの5店舗において「九十九島(くじゅうくしま)~海風の国 佐世保・小値賀(おぢか)~フェア2017」が2017年11月10日(金)から2018年2月18日(日)まで開催されます。
旗艦店となる「パリアッチョ丸の内仲通り店」は、期間中店舗名を変更し「TRATTORIA PAGLIACCIO 九十九島」(トラットリア パリアッチョ クジュウクシマ)となり、タイアップ4店舗とともに、九十九島、佐世保・小値賀の魅力を丸の内エリアでアピールします。さらに、抽選で豪華な特産品がもらえるスタンプラリーも実施されます。

リトレンゴもオープニングイベントに参加!

九十九島が東京・丸の内にやってくる“くじゅうくしまるのうち” 「九十九島~海風の国 佐世保・小値賀~フェア2017」 プレス向けオープニングイベントが、フェア開始前日の11月9日(木)に開催され、リトレンゴ編集部からもスタッフが参加。

「蒸し牡蠣」「九十九島かきのグラタン」「九十九島かきの伊勢海老出汁鍋」「長崎和牛のローストビーフ」「味菜(あじさい)自然豚の骨付きロース ビステッカ」などのメニューが公開され、佐世保の地酒や果実酒も登場しました。


さらに、佐世保につながりのあるミュージシャンの演奏や花事師の中村有孝氏のフラワーアレンジメントのライヴパフォーマンスなどもあり、九十九島・小値賀の魅力満載の一夜となりました。

フェア開催店舗はどこ?

旗艦店「TRATTORIA PAGLIACCIO九十九島」

「パリアッチョ丸の内仲通り店」(東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F )は、旗艦店「TRATTORIA PAGLIACCIO  九十九島」として、九十九島・佐世保・小値賀の食材を使ったメニューを約20種類用意。
店内には九十九島の美しい海をイメージした装飾を行い、期間中には様々なイベントを実施します。
生産者の招聘イベント、国内最大級を誇る「クラゲシンフォニードーム」を持つ九十九島水族館「海きらら」の名物、くらげの生態を楽しむくらげナイト、佐世保在住の料理人を招いて、海風の国の旬を味わう「旅する料理人~海風の国美食会~」などを実施し、来店者に海風の国の様々な魅力を情報発信していきます。

さらに、和・洋・中の4店舗がタイアップ!

タイアップ店舗として、天まる(和食・天ぷら)、カサブランカシルク(ベトナムフレンチ)、青菜(中華)、人人人(中華)の 計4店舗がそれぞれ九十九島・佐世保・小値賀の食材を独自にアレンジし、メニュー展開します。
※一部実施時期が異なる店舗あり
期間中には、「TRATTORIA PAGLIACCIO  九十九島」も含めた5店舗を食べ・飲み歩きができる「かきさるくナイト」や、特産品などが当たるスタンプラリーなども実施されます。

九十九島、海風の国 佐世保・小値賀について


日本本土最西端、西海国立公園に位置する長崎県佐世保にある九十九島は、大小208の島々からなる風光明媚な景勝地で、数えきれないほどたくさん島があることからその名がついたと言われています。有人島4島、他は無人島でほぼ全域が1955年に西海国立公園に指定され、288.5kmに及ぶ海岸線の80%以上が自然海岸のまま保全された美しい自然風景が広がります。

九十九島や小値賀、黒島などの島々を含めた11のエリアは「海風の国」観光圏(※)として四季の味わいや生活文化、歴史物語などを体感できる、魅力ある観光地域づくりに取り組んでいます。
※観光圏とは、自然・歴史・文化等において密接な関係のある観光地を一体とした区域であって、区域内の関係者が連携し、地域の幅広い観光資源を活用して、観光客が滞在・周遊できる魅力ある観光地域づくりを促進するものです。国土交通省が毎年認定を行い、現在は全国で13の観光圏が認定されています。

九十九島・佐世保・小値賀の多様な食材

九十九島かきとうちわ海老

九十九島の海域は、リアス海岸が複雑に入り組み真珠や魚介の養殖が盛んな漁場です。
中でも人気の魚介は、小ぶりな身に旨味が凝縮した濃厚な味わいが特徴の「九十九島かき」、甘くぷりぷりとした身は伊勢海老以上ともいわれ、希少価値が高い「うちわ海老」などです。

長崎和牛と江迎放牧豚

また、佐世保は子牛の肥育からお肉の加工までを一貫して行える、県内有数の畜産地帯です。大自然の潮風を受けたミネラル豊富な牧草等で育てられ、徹底した飼養管理によりブランド牛として名高い「長崎和牛」、江迎町の山奥の自然の中でのびのびと健康にそだった味菜自然村の「江迎放牧豚」が有名です。


佐世保の銘茶「世知原(せちばる)茶」は「味・香り・水色」の三拍子が揃った全国的にも珍しい玉緑茶です。佐世保市とキリン株式会社は地域の生産者を応援する「キリン絆プロジェクト」 の一環で、この世知原茶とビールを使って抽出した世知原ピルスナーをコラボ開発しました。

今回のフェアでは、「九十九島かき」をはじめ、佐世保・九十九島の豊かな恵みである海の幸、山の幸を使い、各店舗が和・洋・中の料理にアレンジして多数提供。東京丸の内で、九十九島・小値賀の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

フェア開催概要

「くじゅうくしまるのうち 九十九島~海風の国 佐世保・小値賀~フェア」

キャンペーン期間

2017年11月10日(金)~2018年2月18日(日)
※カサブランカシルクは2017年12月31日まで

実施店舗

パリアッチョ丸の内仲通り店:東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F
天まる(和食・天ぷら):(東京都千代田区丸の内2丁目4−1
カサブランカシルク(ベトナムフレンチ):東京都千代田区 丸の内2丁目4−1 丸の内ビルディング 5F
青菜(中華):東京都千代田区 丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア2F
人人人(中華):東京都千代田区丸の内2丁目7−3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします