長崎 九十九島エリアの食材を使った一夜限りのディナー「~旅する料理人~海風の国 美食の会」開催

165
長崎和牛のグリル 黒にんにくのボルドレーズソース

長崎県九十九島エリアを中心とした食材の魅力を身近に感じ、美酒・美食をご堪能いただける人数限定の会「~旅する料理人~海風の国 美食の会」が、2018年1月9日(火)に「カサブランカシルク」(千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F)にて開催されます。

長崎県佐世保市の老舗フレンチ「Leo lion d’or」(れお・リオンドール)の宮副玲長奈(みやぞえ・れおな)シェフをゲストに、カサブランカシルクの高橋保弘シェフとのコラボレーションによる美食のコースが提供されます。

コース内容

“旅する料理人”の2人が交互に出し合うコースメニュー

「Leo lion d’or」の宮副玲長奈シェフは、佐世保、東京、フランスのリオンの名店を経たのちに地元の佐世保に戻って「Leo lion d’or」 のシェフとなった、まさしく「旅する料理人」

そして「旅」がコンセプトの「カサブランカシルク」の若きシェフである高橋は、このイベントのために東京から佐世保を訪れ、地元で生産者を訪問して食材を巡る「旅」をしてきました。2人のシェフが食材の魅力を最大限に引き出せる料理のアイデアを出し合い、2人のインスピレーションを一皿一皿交互に表現します。

東京駅や丸の内の夜景が美しい個室

会場の「カサブランカシルク」では、人々が発着する場所である東京駅を眼下にみおろし、見事な夜景をご覧いただける個室のお席をご用意。遠く離れた海風の国からのお料理に「旅」を感じてながら、一夜限りの特別なイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「幻の魚」クエ、九十九島かき、うちわ海老、長崎和牛など、九十九島の多様な食材が集結!

今回のイベントでは、九十九島エリアを中心に、佐世保・小値賀、宇久島などの多様な食材を使用予定。

九十九島かき・うちわ海老・味彩自然豚・宇和島のクエなど

九十九島の海域は、リアス海岸が複雑に入り組み真珠や魚介の養殖が盛んな漁場です。中でも人気の魚介は、小ぶりな身に旨味が凝縮した濃厚な味わいが特徴の「九十九島かき」、甘くぷりぷりとした身は伊勢海老以上ともいわれ、希少価値が高い「うちわ海老」などです。

さらに、五島列島最北端にある良質なクエの漁場として有名な宇久島より、「幻の魚」とも呼ばれる貴重な旬の「クエ」なども直送の予定です。

また、佐世保は子牛の肥育からお肉の加工までを一貫して行える、県内有数の畜産地帯です。大自然の潮風を受けたミネラル豊富な牧草等で育てられ、徹底した飼養管理によりブランド牛として名高い「長崎和牛」、江迎町の山奥の自然の中でのびのびと健康にそだった味菜自然村の「江迎放牧豚」(味彩自然豚)なども使う予定です。

佐世保の銘茶「世知原(せちばる)茶」は「味・香り・水色」の三拍子が揃った全国的にも珍しい玉緑茶です。お茶の品評会で数々の賞を受賞するほど品質が高く、地元以外で飲むことはなかなかできない稀少なお茶です。この世知原茶を使ったカクテル、長崎県佐世保の地酒、ワインなどが、お料理とのペアリングとして提供されます。

~旅する料理人~海風の国 美食の会 概要

日時:  2018年1月9日(火)19:00~(受付18:30より、食前酒をご提供)
場所:  カサブランカシルク
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 5F
TEL:   03-5220-5612
料金:  お一人様8,000円(税込)
人数:  18名様限定
お申込み:カサブランカシルク  03-5220-5612まで

Leo lion d’orシェフ 宮副玲長奈(みやぞえ・れおな)

1974年長崎県佐世保市生まれ。
東京のレストランで修業した後、22歳で渡仏。フランスのサヴォア、リヨンにある“Pierre Orsi””Fleur de sel”“Le VOXX”などの名店でシェフとして10年間経験を積み2004年に帰国。
地元である長崎県佐世保市に戻りLeo lion d’orのシェフとして腕を振るう。

 

Casablanca Silkシェフ 高橋保弘(たかはし・やすひろ)

1979年東京生まれ。
専門学校卒業後、パレスホテルに勤務。
その後主に都内のフランス料理店にて経験を積み、際コーポレーションに入社。
“NERO/OCCHI(銀座)”を経て、“カサブランカシルク(丸の内)”料理長に就任。

 

長崎 九十九島の貴重な食材を楽しめるちょっと特別なディナー。贅沢に島の美食を堪能するのも、離島の楽しみ方の一つかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします