【速報】佐世保市「黒島の集落」を含む、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録決定!

230

2018年6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産(世界文化遺産)への登録が決定いたしました!!

先日、取材し特集しております、長崎県佐世保市の黒島(くろしま)も、世界遺産を保持する島の一つとなりました。
黒島では「黒島の集落」が世界文化遺産の構成資産として認定されました。

「黒島の集落」にはシンボル的な建築物として「黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)」があります。
黒島天主堂には、潜伏キリシタンたちの信仰心から建てられた歴史があり、現在でも島民の心のよりどころのような存在です。

リトレンゴでは、黒島特集と題し、黒島のことを様々な角度で記事を作成しています。
黒島天主堂についてはもちろんのこと、黒島の観光スポットや、アクセスなどもご紹介しています。

黒島特集、バックナンバーはこちらからどうぞ。

今回は、世界遺産への登録を祝しまして、改めて
世界遺産のある離島「黒島(くろしま)」についてご紹介します。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とは?

黒島の天水では、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」はどんなものでしょうか。

以下、長崎県世界遺産登録推進課ホームページより引用
(参照:http://kirishitan.jp/guides/637

17世紀から19世紀の2世紀以上にわたるキリスト教禁教政策の下で、ひそかに信仰を伝えた人々の歴史を物語る他に例を見ない証拠です。長崎ながさきと天草あまくさ地方の潜伏キリシタンが「潜伏」したきっかけや、信仰の実践と共同体の維持のためにひそかに行った様々な試み、そして宣教師との接触により転機を迎え、「潜伏」が終わりを迎えるまでを12の構成資産によって表わしています。

つまり、「黒島の集落」は12の構成遺産の1つに当たります。
他にも、長崎市や平戸市、五島市などにも構成遺産が存在します。

「黒島の集落」とは?シンボルである黒島天主堂を中心に

黒島教会 世界遺産登録江戸時代に平戸藩が黒島を領有し放牧地となっていましたが、江戸時代後期に入植が解禁されると
多くの潜伏キリシタンが黒島にやってきました。
フランスのマルマン主神父主導の下、多くの島民による献金や労働奉仕により「黒島天主堂」は建設されました。

黒島天主堂の歴史について詳しくはこちら。

黒島天主堂 有田焼のタイルまた、教会の建築はロマネスク様式が採用され、祭壇の床には有田焼のタイルが使用されているなど、日本の伝統工芸も組み込まれていました。
1998年には国の重要文化財にも登録されています。

黒島天主堂の建築について詳しくはこちら。

世界遺産がある黒島を訪れるには今年の夏がおすすめ!秋からは改修工事の予定

黒島天主堂は2018年11月~2020年10月末までの予定で、耐震工事が実施されます。
250年の禁教を耐え忍んだ、赤レンガづくりの黒島天主堂を完全な状態で見られるのは、今夏を逃すとおよそ2年後になってしまいます。

黒島天主堂 束ね柱黒島天主堂は現在も島の教会として機能を果たしており、見学する際は良識ある行動をとるように心がけましょう。
また黒島天主堂を見学する際は、事前連絡が必要で、撮影するには許可が必要となります。
詳しくは、黒島観光協会HPをご参照ください。
(※今回は取材のため許可をいただいております。)

改めまして、世界遺産登録に尽力された関係者各位、黒島の島民のみなさま、
世界文化遺産登録おめでとうございます!

長崎県を訪れた際は、ぜひ佐世保まで足をのばしてフェリーに乗って世界遺産がある島「黒島」を訪れてみてはいかがでしょう。
日本のキリストの歴史を感じ、黒島の美しさを感じることができるはずです。

また、黒島に行く際は、以下のページもぜひご参照ください。
・黒島観光協会はこちらから。

・佐世保コンベンション協会はこちらから。

・リトレンゴ黒島特集バックナンバーはこちらから。

・都内から黒島へのアクセスはこちら。

・黒島までのフェリーについてはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします