世界遺産の黒島天主堂もPR!「ポテトチップス 佐世保レモンステーキ味」新発売!

36
カルビー「ポテトチップス 佐世保レモンステーキ味」

47都道府県の「地元ならではの味」を開発するカルビーの「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトから、「佐世保レモンステーキ味」が長崎の味として10月29日に発売となりました。

パッケージには、教会のステンドグラスをモチーフにした柄が採用され、長崎らしさが表現されています。さらに、裏面には、2018年7月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の紹介も掲載されています。

「長崎の味」をインターネットで募集

カルビーが発足した47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトでは、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売。2年目となる今年は、47都道府県の味のポテトチップスを3回に分けて順次発売予定としています。

長崎の味「ポテトチップス 佐世保レモンステーキ味」は、2018年度の第1弾として、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに決定した味。
「長崎ちゃんぽん味」や「角煮まんじゅう味」の案が出されましたが、ジューシーな肉感の再現性が高かった「佐世保レモンステーキ味」が選ばれました。

♥ JPN(ラブ ジャパン):https://www.calbee47cp.jp/

「佐世保レモンステーキ」とは?気になるお味は!?

昭和30年代、当時佐世保港に駐留していたアメリカ海軍の影響で、佐世保ではステーキがブームに。
その頃、「ステーキは日本人にはボリュームがあり過ぎて重いから、すき焼き風にアレンジしてみてはどうか」という発想から、レモンステーキは生まれ、その後、佐世保市内を中心に多くのレストランでも提供されるようになりました。

熱した鉄板で焼かれた薄切りの牛肉に、レモン風味の醤油ソースをかけた長崎・佐世保を中心に愛されるご当地グルメ。

その味わいを再現した「ポテトチップス 佐世保レモンステーキ味」は、ステーキを食べているかのようなジューシーなお肉の味わいに、さっぱりとしたレモンを効かせた味わいを楽しめるポテトチップスです。

長崎らしさ満載!世界遺産の黒島天主堂も紹介!

パッケージの表面は、鉄板にのって提供される「レモンステーキ」をイメージした赤茶色を基調に、教会のステンドグラスをモチーフにした柄をちりばめ、長崎らしさを表現。

さらに裏面には、2018年7月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を紹介する長崎県からのメッセージを掲載しています。

構成資産の一つ「黒島の集落」にある黒島天主堂(佐世保市)の写真もあります!

数量限定・期間限定で、長崎・福岡・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄(8県)で発売中。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。

商品は無くなり次第終了(12月下旬終売予定)なので、気になる方はお早めに!

黒島天主堂の見学と保存修理工事について

黒島天主堂

今回のご当地カルビー「佐世保レモンステーキ味」のパッケージ裏にも写真が掲載されている黒島天主堂(黒島教会)。

今までは、事前連絡を行えば、見学が可能でしたが、
2018年11月から黒島天主堂の保存修理工事が始まることが決定しています。

〇工事期間
2018年11月~2020年10月末まで(予定)


黒島天主堂修復・耐震化工事スケジュールの変更に伴い、

平成30年12月28日までは黒島天主堂の見学が可能となりました。

また、11月17日(土)、18日(日)、23日(金)、24日(土)、25日(日)には、

黒島島内シャトルバスの運行も行います。

見学をご希望の際は、事前に黒島観光協会までお尋ねください。
是非、この機会に世界遺産「黒島の集落」観光をお楽しみください。

NPO法人黒島観光協会
電話:0956-56-2311
(2018年11月19日追記)


〇見学台の範囲や特別公開の時期についての問い合わせ
〔佐世保市教育委員会 文化財課 TEL:0956-25-9634〕
平日8:30~17:15〈土・日・祝日休〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします