沖縄・奄美の文化を振り返り、今後の南西諸島研究を考えるフォーラム

218
奄美大島、高知山展望台
奄美大島、高知山展望台

「国際社会の中の沖縄奄美」、4月29日(土)駿河台キャンパスにて開催

明治大学島嶼(とうしょ)文化研究所では、沖縄・奄美の文化・社会を振り返り、今後の南西諸島研究を考えるフォーラム「国際社会の中の沖縄奄美」を4月29日(土)、駿河台キャンパスで開催します。参加は無料、事前申込も不要です。

今年、沖縄は本土復帰から45年目を迎えます。沖縄・奄美社会は本土復帰後、多くの変化を受容してきました。かつての集落景観や伝統文化・社会構造も大きく変わりながら再生・創造の道を歩んできました。

明治大学島嶼文化研究所では設立記念として、長年、沖縄・奄美研究に携わってこられた二人の巨匠、渡邊欣雄先生、クライナー・ヨーゼフ先生を招き、「現在、関心のあるテーマ」について講演していただきます。また、午前の部では、現在、沖縄・奄美でフィールドワークを続けている文化人類学・民俗学分野の研究者に、その多様なテーマを紹介していただきます。

国際社会の変化の中で、今一度、沖縄・奄美の文化・社会を振り返り、今後の南西諸島研究の水平を見つめる一日にしたいと考えています。

明治大学島嶼文化研究所設立記念フォーラム「国際社会の中の沖縄奄美」

明治大学 駿河台キャンパス
明治大学 駿河台キャンパス

開催日時

2017年4月29日(土・祝)10:00~17:00(9:00開場)

会場

明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階 リバティホール
東京都千代田区神田駿河台1-1

※参加費無料、事前申込不要。

プログラム内容

第1部 パネルディスカッション「沖縄・奄美における研究動」10:00~12:30

  • 司会:碇陽子(明治大学)
  • 登壇者:山内健治(明治大学)/泉水英計(神奈川大学)/村松彰子(相模女子大学)/越智郁乃(立教大学)/吉田佳世(日本学術振興会特別研究員)/加賀谷真梨(新潟大学)/福岡直子(豊島区立郷土資料館)

第2部 特別記念講演 13:30~17:00

  • 「グローバル沖縄―ホスト&ゲスト」/渡邊欣雄氏(首都大学東京名誉教授)
  • 「私の見てきた沖縄・奄美」/クライナー・ヨーゼフ氏(ドイツ・ボン大学名誉教授)

主催:明治大学島嶼文化研究所
後援:琉球新報社・沖縄タイムス社・南日本新聞社・南海日日新聞社・奄美新聞社

フォーラム会場へのアクセス方法はこちら
詳しい内容や最新情報については、明治大学公式サイトをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします