【離島で起業】補助金あり!長崎 五島列島での事業所設置・起業を全国から公募中!

334

長崎県五島市は、市内での雇用創出につながる事業拡大や起業に要する経費の4分の3(最大1,200万円)を補助する事業を平成29年12月1日~平成30年1月25日の期間で全国から公募します。

これから起業や事業拡大を予定しているという方は、離島での事業展開も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

国境の島 五島列島、人口維持のために立ち上がる!

過疎化が深刻な問題となっている五島市。人口は、全国の2〜3倍のスピードで減少に向かい、50年後には今の半分になろうとしています。日本の国境地域を守るためにも、国境に面した離島である五島市の人口の維持が必要です。

五島市は現在、人口維持のためにも、若い世代のための安定した雇用を創出し、高校卒業後の市内就職率向上と島外へ転出した若者20代~30代の早い時期でのUIターンを促進しています。五島は可能性を秘めた宝の島です。

五島市について

長崎県五島市は、日本の西の玄関口”長崎港”(長崎市)の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成(五島列島の南西部)されています。人口は、約36,000人(平成29年12月現在)です。

人口が集中しているのは、福江島。ついで久賀島、奈留島が主要な島です。その他の有人島は、椛島、嵯峨島、黄島、赤島、黒島、島山島、蕨小島、前島です。

アクセス(空路海路ともに充実)がよく、住環境も良好です。

観光スポットも数多くあり、日本の灯台50選・日本の夕陽百選に選ばれるなど断崖、灯台ともに有名な「大瀬崎断崖」、「大瀬埼灯台」や日本最後の城とも呼ばれる「石田城(福江城)」、美しい砂浜で有名な高浜海水浴場、隠れキリシタンの史跡や教会群などを島巡りとともに楽しめます。五島牛や五島うどん、かんころ餅が名産品です。

補助事業の概要

1.事業実施の条件

新規雇用が発生する創業又は事業拡大
将来的に売上増又は付加価値額の増加が見込まれること
資金調達が十分見込まれること

2.スケジュール

公募期間  平成29年12月1日~平成30年1月25日 午後5時まで
審査委員会 平成30年2月下旬(遠方の方は、skypeで参加も可能とする予定)
事業採択  平成30年3月
事業期間  交付決定日(平成30年4月1日)~平成31年3月31日

3.補助対象事業費の上限額

創業:600万円(補助金450万円)
事業拡大:1,600万円(補助金1,200万円)
設備投資を伴わない事業拡大:1,200万円(補助金900万円)

4.本事業の趣旨への合致(以下のいずれかに該当すること)

  • 島外の需要を取り込み、島内の経済及び雇用を拡大させる事業
  • 島内の生活や産業にとって必要不可欠な商品、サービスにも関わらず、現状で島内に提供する事業者が存在しないため、島外の事業者に依存せざるを得ない状況を改善する事業
  • 島外から事務所を移転して行う事業、島外から移住して創業する事業など、市への転入者数の増加に直接的な効果が明確な事業
  • 島外からの人材を一元に募集・確保して島内で不足する働き手として活用するなど、島内に働き手を呼び込み、安定的な雇用を創出する効果があるもの

問い合わせ先

五島市役所 地域振興部 商工雇用政策課
電話 0959-72-6111(代表)
電話 0959-72-7862(直通)
E-mail:shoukou@city.goto.lg.jp

国境の島 五島列島での起業、今がチャンスです!これから起業や事業拡大を予定しているという方は、ぜひ検討してみてください。

長崎県五島市「雇用機会拡充事業(創業・事業拡大支援)」詳細は、こちら >>
http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/businesses/index984.php

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします