新島の“うまい”を食べ尽くす!椎名誠氏が新島の『島食大宴会』に参加決定!

75
椎名誠氏
椎名誠氏

椎名誠氏と怪しい雑魚釣り隊による「新島あめりか芋収穫と島食大宴会」

作家の椎名誠氏がスペシャルサポーターとして様々な形で関わっているTOKYOガストロノミーツーリズム。そのメインディッシュともいうべき新島でのイベントが、11月11日(土)に開催することが決定しました!

題して・・・「新島あめりか芋収穫と島食大宴会」!!

今回のイベントには一般から広く参加者を募るほか、椎名さんの釣り仲間である雑魚釣り隊の面々も参加される予定です。

「新島あめりか芋収穫と島食大宴会」とは?

新島のあめりか芋収穫
新島のあめりか芋収穫

それでは「新島あめりか芋収穫と島食大宴会」の内容をご紹介していきましょう。

まず、昼間は完全無農薬のミニトマトの農園を訪れるほか、東京の新島と愛媛県の伊予大島でしか栽培されていない“あめりか芋”を収穫。

新島の島焼酎「七福 嶋自慢」
新島の島焼酎「七福 嶋自慢」

収穫後は、あめりか芋を使った「島焼酎」の醸造所で製造工程を見学&試飲することができます。
収穫から焼酎になるまでを体験できる、貴重な機会です。
※あめりか芋は蜜芋という白くて甘い芋です。

その後、島の方々と一緒に島の食材を使った島食作りを体験。
食材の中には島食大宴会の舞台である「新島村ふれあい農園」の苗場でつくられた野菜も含まれます。

新島の完全無農薬のミニトマト
新島の完全無農薬のミニトマト

新島では古く、花壇などを利用して野菜を栽培していました。
風で船が欠航になっても食を支えてくれるからです。これを苗場文化といいます。

「新島ふれあい農園」でもこの秋から島内外の方に苗場文化を知ってもらうべく、苗場で野菜を作っています。その野菜を収穫し、宴会で食します。

お待ちかねの大宴会!

椎名誠氏「島はうまい!」
椎名誠氏「島はうまい!」

さあ、日が暮れたら、椎名誠さんや雑魚釣り隊の皆さんと一緒に大宴会のはじまり!

当日、雑魚釣り隊は島で釣れた魚を宴会に持ち込む予定。
また、島の人から「普段食べている食材で島料理以外のものを食べてみたい」とのリクエストをうけ、雑魚釣り隊のメンバーの料理人の方が島の食材を使ったオリジナル料理を振舞います。

食いしん坊にはもってこいの”ガストロノミーツーリズム”。
食を通した人と人との交流も旅の醍醐味のひとつ。

食欲の秋に「食」を通して、島の暮らしを感じてみませんか?

イベントお申し込みはこちら >> https://goislands.tokyo/event05/

島の青魚の捌き体験イベントについて

また、新島でのイベントに先だって、府中市プラッツにて10月21日(土)、料理研究家の池田康子さんを招いての島でとれた青魚の捌き体験も実施されます。

普段お魚をおろした経験がない方にも、丁寧にレクチャーしてもらえる貴重なイベントですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

イベント詳細はこちら >> https://www.facebook.com/events/1445357418879185/

TOKYOガストロノミーツーリズムとは?

新島の風景

TOKYOガストロノミーツーリズムは、多摩・島しょの自然を活用した新しい体験を創出する東京都事業「Nature Tokyo Experience」のプロジェクトのひとつ。

大都市・東京の顔とは違う「東京の自然」に注目しながら、東京の島の「食」を入口にした旅のあたらしい形を提案し、様々な体験イベントを実施しています。

※ガストロノミーとは、食べることでその土地の文化・歴史と料理の関係を学ぶ“美食学”のことを言います。

公式サイトはこちら >> https://goislands.tokyo/
イベントのお申し込みはこちら >> https://goislands.tokyo/event05/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします