小笠原旅行記(2)えっ!? これが小笠原!? 世界自然遺産小笠原で見つけたカルチャーショック

665
おがさわら丸がいないときは店の棚がガラガラになることも
おがさわら丸がいないときは店の棚がガラガラになることも

東京から1000km離れ、船で24時間かけないと行けない東洋のガラパゴス、世界自然遺産・小笠原。

大自然、固有種、綺麗な海に緑豊かな山…まさに秘境! というイメージの小笠原ですが、実は行ってみたらえっ!? とびっくりしたことがたくさんあったので、ご紹介しますね。

実は品川ナンバー

小笠原は東京都です。東京都小笠原村が正式な住所。

東京だって知っていたけれど…まさかの車のナンバーが品川ナンバーだったとは! びっくりでした!!

確かに東京都だけど…こんな秘境の地の車のナンバーが品川ナンバーだなんてびっくりしますよね。

ちなみに父島も母島も、両方品川ナンバーです。

小笠原はネット通販天国! 送料無料で届くお店も!?

小笠原は、週に1度(繁忙期のぞく)程度、おがさわら丸が来る日にしか町に物資が届きません。

おがさわら丸がいないときは店の棚がガラガラになることも
おがさわら丸がいないときは店の棚がガラガラになることも

おがさわら丸が出港した日などは商店にモノがほとんどなくて、棚がガラガラになることも。

そんな小笠原ですが、実は島民はネット通販をかなり昔から活用しているんだとか。

小笠原は東京都なので、離島料金がかからないお店もあり、通常の料金で荷物が届くこともあるそう。お店によっては一定額以上買うと無料になることも。

日用品や保存ができる食べ物(米やシリアル、お菓子、カップラーメンなど)は全て週に1度程度(おがさわら丸が来る日に)ネット通販でまかなっているからあんまり困らないのだそう。

また、母島では海が荒れて船が到着しないことも多いため、各家庭でかなりの量を備蓄しているそうです。

普段あまり備蓄していない本土のわたしたちより、ずっと災害時に強いのかもしれませんよね。

農作物は母島で作っていることが多い

母島のパッションフルーツ
母島のパッションフルーツ

同じ小笠原でも、父島と母島ではかなり違いがあるのですが、その中でもわたしがびっくりしたのは、農作物は母島で作ることが多いということ。

父島では農家が少なく、農業は母島の方が盛んなので、フルーツ(マンゴー、パッションフルーツ、バナナなど)や野菜(トマトなど)は母島で作り、父島に送っていることが多いんだそうです。

同じ島でも産業が全然違うのだなあと、すごくびっくりしました。

母島では昼食難民になることも!? 準備が大切な母島での食事。

母島ではお店が非常に少なく、また臨時休業なども多いため、準備をしないで行くと昼食難民になります。

母島の商店
母島の商店はお休みのことも

朝食と夕食は宿についている場合がほとんどですが、昼食はない場合が多いので、いざというときの昼食難民にならないようにカロリーメイトやカップラーメンを用意しておいた方がいいかも。

ちなみにわたしは、数回昼食難民になりました(笑)

カルチャーショックも小笠原の楽しみのひとつ!

いかがだったでしょうか。

普通に本土に住んでいたらなかったびっくりが、小笠原にはたくさんあり、そのカルチャーショックも楽しみの一つ。

ぜひ、小笠原でのびっくりも楽しんでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします