聖地「沖ノ島」の特別取材に成功!Pen 7月15日号「神々の宿る島へ。」発売!

202

神職のみ滞在を許される「沖ノ島」ほか、壱岐や久高島など、神性の強い島々を特集

今回のPenは、特別な空気を纏っています。
最新刊の7月15日号では、古来より、人間の営みとは切り離せない土着信仰や精霊崇拝について、国内外の神性の強い島々を巡り徹底的に解明されています。

必見は、世界遺産登録への動きで注目される一方、限られた神職以外は原則として立ち入ることのできない、福岡県沖ノ島のレポです。その全景が、表紙の写真。

特別に許可を得た取材チームが素裸で禊を行い上陸した島は、巨岩のひしめく森に息づくアニミズムの世界でした。シルクロードの終点であったこの島には、八万点を超える宝物が眠っています。そんな「海の正倉院」から発見された大量の神宝の一部も、じっくりと撮影。ここをずっと見つめてきた写真家、藤原新也さんの撮った島の写真と特別インタビューも掲載されています。

壱岐島「小島神社」
壱岐島「小島神社」

そして、長崎県の壱岐。壱岐島は、一千社を超えるともいわれる神社を抱える離島です。朝鮮半島や中国大陸との交易の要衝として古代から栄えたこの島には、神の息吹と歴史ロマンが漂います。

その他、琉球神話や神事が色濃く残る沖縄県久高島の紹介や、沖縄に移住した写真家、藤代冥砂さんが感じる「沖縄の神性」についてのインタビューも行われました。
とじ込み付録は「泊まる・食べる・買う 神々の島の愉しみ方」。特集で紹介した壱岐島、バリ島など、観光客にもアクセスが容易な国内外の4つの主要エリアから、美しい景観の宿や、地の恵みあふれる料理、そして旅の思い出となる逸品など、五感を刺激するガイドをお届け。

今回の特集で、島々の秘める不思議なパワーと、心で対話してみてはいかがでしょうか。

Pen(ペン)7月15日号は、全国の書店及びネットにて好評発売中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします