長崎県・世界遺産 五島列島の潜伏キリシタン歴史の地に巡礼してきました。

173

「長崎県・五島列島 頭ヶ島の集落」を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、
この地に居ついた信徒の苦労や努力の結晶として、2018(平成30)年6月30日に世界遺産登録されました。
現代にも残る頑丈なつくりと、教会内部の繊細な装飾を見ることができます。

■五島列島とは?
五島列島は長崎県西部の列島。
南側から福江島久賀島奈留島若松島中通島の五つの大きな島を中心に、約400の島からなり、西海国立公園に指定されています。このうち奈留島より南を『下五島』若松島より北を『上五島』と呼んでいます。

今回、長崎・五島の7箇所の教会に巡礼の旅に出かけてきました。

(1)牢屋の窄殉教記念教会堂(久賀島)


久賀島にある牢屋の窄殉教(ロウヤノサコジュンキョウ)記念教会堂は、
牢屋の窄殉教事件のあった地に建てられた記念聖堂。
今から160年ほど前に、この地に投獄され、潜伏キリシタンの方々が39人(出所のちに4人)の方が命を落としました。


実際に220人余りの人が幽閉されたのは6畳の牢屋。
足も床につくギリギリに詰められており、悲惨だったといいます。
その獄中と同じ広さの空間に赤絨毯が敷かれ、教会の席が設けられています。
席に座り広さを見ると、殉教者の気持ちを想像せずにはいられない教会堂です。

(2)旧五輪教会堂(久賀島)


同じく久賀島にある旧五輪教会堂は、下五島で最古という、歴史を感じる教会堂です。
山中の木々に隠れてこっそりとした佇まいの教会は、禁教令を出されお祈りをすることも堂々とできなかった時代の名残。
潜伏キリシタンは、このような地で隠れながらお祈りをしたとのことです。


また、こちらの教会では内部の写真撮影が可能です。

(3)江上天主堂(奈留島)


江上(エガミ)天主堂は、五島列島の中心に位置する奈留島に位置しており、2018(平成30)年に世界遺産登録されました。
1881(明治14)年に4家族が洗礼を受けたことから始まる教会で、教会堂ができるまで、葛島の主任神父が信徒の家でミサを捧げていたと言います。
クリーム色の可愛らしい教会の中にはいると、柱の木目模様や窓ガラスは手書きで描かれており、当時の信徒の苦労の結晶を見ることができます。

(4)中ノ浦教会(中通島)


中通島の中ノ浦教会は、1926年に祝別され、1966(昭和41)年に鐘塔が増築された教会堂です。晴れた日には、海面に映る教会の美しい姿を見ることができます。
中には椿をイメージしたと言われる十字の赤い花文様の装飾が飾られています。

(5)頭ヶ島教会(中通島)


中通島の頭ヶ島(カシラガジマ)教会は、病人の療養地として使われていた島に、外海地域から五島列島へ潜伏キリシタンが開拓移住し、頭ヶ島の集落として世界遺産に登録された土地の教会です。
全体が石造りで作られた教会は信徒の努力の結晶です。中に入ると雰囲気が一変し、全体が水色に塗装されており、
生き物の力や未来への希望を感じさせる、明るい空間の教会になっています。


入り口は穏やかな入り江に面しており、頭ヶ島キリシタン墓地が見られます。

(6)青砂ヶ浦教会(中通島)


同じく中通島の青砂ヶ浦(アオサガウラ)教会は、上五島の中で、最も信徒の数が多く、教会守のいる教会です。


レンガ造りがしっかりとしていて、裏に少し歩くとマリア様像があります。
修道院や幼稚園もあり、生活の近くに存在する教会の姿を見ることができます。

(7)旧野首教会(野崎島)


旧野首教会のある野崎島は、400頭ほどの野生鹿が生息しており、歩いていると鹿に出くわす無人島です。
小高い丘にあるこの旧野首教会は、建設当時2億円近いお金がかかったとされ、
島民が食事を切り詰めお金を捻出して、この教会を作ったそうです。


こちらの教会では内部の写真撮影が可能。美しいステンドグラスを撮ることができます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
「長崎県・五島列島 頭ヶ島の集落」を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、
この地に居ついた信徒の苦労や努力の結晶として、2018(平成30)年6月30日に世界遺産登録されています。
教会の美しさと、今も続く信仰の形を、ぜひご覧になってみてください。

教会の見学には事前連絡が必要です。また、ほとんどの所が撮影不可になっているので、
訪れる際は事前確認をとりましょう。現地の観光ツアーを利用することもおすすめです。

■教会見学の事前連絡についてのお問合せ■
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
TEL 095-823-7650 (9:30~17:30)
https://kyoukaigun.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
リトレンゴ編集部 前田
リトレンゴ編集部の新人ライター兼WEBクリエイター。旅行好き。旅行がちょっと楽しみになる記事を投稿していきたいです。