国内離島旅行の持ち物リストまとめ<出発準備・チェックリスト付き>

153

離島旅行が決定しているけど、持ち物のチェックがまだ…という方もたくさんいると思います。

離島への持ち物ってはじめてだと何を持っていけばいいのかよくわからないですよね?

実はわたしも、対馬や小笠原の旅行でいろいろと忘れ物をしてしまい大失敗したので、離島へ持って行って便利だったものや絶対に忘れてはいけないものをまとめました。

>> わたしが対馬旅行に持って行って便利だったもの5選
>> 女性一人旅で小笠原旅行へ行く時に絶対に忘れちゃいけない10の持ち物リスト

今回は、離島旅行の持ち物リストをカテゴリごとにまとめてご紹介。記事の最後にダウンロードできるチェックリストもご用意しましたので、活用してみてください。

離島旅行の持ち物リスト<衣類・雑貨>

Tシャツ滞在日数分+2〜3枚(海水浴用)

離島旅行に行く時は海に入ることが多いと思うのですが、Tシャツは多めに用意して行った方が吉。海水浴の前や後などに使い、数が少ないと洗い替えが足りなくなります。

もちろんTシャツは島のお土産屋さんでも購入できるのですが、離島によってはお土産やさんが空いていない可能性もあるので、念のため多めに持っていきましょう。

ラッシュガード(2枚以上)

海に入る方にはラッシュガードは必須。2枚以上じゃないと足りなくなります。

ラッシュガードを忘れて小笠原の海に入ったらものすごい日焼けをして帰ってきたわたしの経験上、ラッシュガードがないと死んでしまいますし、実際に相当ひどい日焼けが2週間しても治りません…。

ラッシュガードを忘れて日焼けした姿
ラッシュガードを忘れて日焼けした姿

ラッシュガードはシュノーケリングなど海に入る用に、厚手で前ジッパー付きのものが脱ぎ着が便利でおすすめ。

そのほかに、パーカー式の薄手のラッシュガードも持っていき、海に入る前と海に入った後用に使うのもおすすめです。

水着

これは言うまでもなく、ですが、カナヅチで海に入る気がない人も水着は準備した方がいいです。いつ海に入りたくなるかわからないので、水着は一応準備して離島に行きましょう。

ちなみにわたしは海に入る予定がなかったのに3回も入ってしまったクチです(笑)

帽子(紐付き・布製)

帽子を忘れて離島に行くなんて! と思われそうですが、忘れました(笑) 帽子は絶対に持って行ってください!!

麦わら帽などでもいいですが、紐がついていないと船の上で飛ばされかねないのと、布の帽子の方がさっとカバンにしまえるので便利です。できれば布の帽子で紐がついているものを探して持って行ってくださいね。

アウトドア用品店などで売っている布の紐付き帽子がベストです。

サングラス

サングラスも必須。海に出るととても眩しいので。わたしはサングラスを持っていなかったので、JINSで5000円以下で買いましたが十分でした。

ビーチサンダル(ギョサン)

離島に行くと海に入る機会がたくさんあるので、ビーチサンダルは忘れずに。

ビーチサンダル(ギョサン)
ビーチサンダル(ギョサン)

ギョサンを持っていたらギョサン持参がおすすめ。ギョサンは小笠原を中心にいろんな離島で買えるので、現地で買ってもいいかも。通販でもギョサンは買えます。

クロックスは海では滑るので、滑らないタイプのビーチサンダルを持参してくださいね。

日傘(折りたたみ)

離島は紫外線が強いので、折りたたみ式の軽い日傘を持って行くのがおすすめ。町歩きなどに便利です。

トレッキングシューズ(運動靴)

離島ではトレッキングの機会も多いため、トレッキングシューズの用意をするのがおすすめ。普通の運動靴でも山登りできますが、トレッキングシューズの方が明らかに登りやすいです。

バスタオルとフェイスタオル(多め)

海に入ると思った以上にタオルをたくさん使うので、タオルは多めに用意しましょう。

  • バスタオル2枚以上
  • フェイスタオル2枚以上

の準備があると安心です。

サブバッグ

離島旅行に限らないのですが、サブバッグは多ければ多いほど便利。折りたためる薄くて軽いバッグ(レスポートサックなど)で

  • リュック
  • 斜めがけバッグ
  • 貴重品が入る小さめのバッグ

は最低準備。重くなると本末転倒なのでできる限り軽いものをチョイスしてください。

その他衣類・雑貨

他にも

  • シュノーケル3点セット(ゴーグル、シュノーケル、フィン)
    ゴーグルはマスクストラップカバーを持って行くと髪の毛がひきつれなくて楽です。
  • 薄手のカーディガン(長袖)
  • ウェットスーツ(ダイビングをする人)
  • 水着を入れる防水バッグ
  • カッパ(急な雨に)
  • ラップタオル(巻くタイプのタオル)
  • 海に入れるタイプの短パン
  • 長靴(釣りをする人に。折りたたみ長靴もあるので便利です)

などが便利なので、アクティビティ別の目的に合わせてチョイスしてみてくださいね。

離島旅行の持ち物リスト<コスメ・薬・身の回り品>

日焼け止め(ボディ用とフェイス用を多めに)

どこの離島も日差しが厳しいので日焼け止めは必須。

日焼け止めは少ないと足りなくなりがちなので、最低フェイス用1本、ボディ用1本は必要です。なくなると悲劇が起こるのでなくならないように。

併用して飲む日焼け止めもあると完璧です。

虫除けスプレーと虫刺され(ムヒ)

離島は自然がたくさんなので、必然的に虫もたくさんいます。虫除けは1年中必須です。

こちらも足りなくなりがちなので、大きいものを持参したり数をたくさん持ってきた方がいいですね。途中で虫除けスプレーがなくなった時の絶望感は半端ありません…。

万が一刺されてしまった時のためにムヒなどの虫刺されの薬もお忘れなく!

日焼け後アフターケアコスメと日焼け後のジェル

日焼けはどんなに頑張っても完全には防ぎきれないので、アフターケアコスメや日焼け後に使うジェルは準備しておきましょう。

アフターケアコスメはビタミンC誘導体入りのドクターズコスメなどがおすすめ。日焼け後の肌を素早く回復させます。

アフターケアのインナーコスメとしては飲む日焼け止めやビタミンC、L-システインなどが含まれているサプリメントもおすすめ。最近注目のAC-11を配合したサプリメントなども破壊された細胞の修復をケアしてくれるのでおすすめです。

酔い止め(アネロン)

酔い止めアネロン
酔い止めアネロン

船旅が多い離島旅行では忘れちゃいけないのが酔い止め。特にアネロンニスキャップがおすすめです。

酔い止めを持っていくポイントは、とにかく多めに! 少なくて困ることはあっても、多くて困ることはないので多めに持っていきましょう。

常備薬

酔い止めの他にも常備薬も忘れずに。意外と突然アレルギーになったりすることもあるので、アレルギーの人はアレルギー薬・目薬・鼻炎薬などもあると便利です。

喘息の人は喘息の吸入薬もお忘れなく。

コンタクト(1Day)とメガネ

普段1ヶ月コンタクトや2週間コンタクトにしている人も、離島旅行の時だけは1Dayコンタクトにしてください。理由は保存液を忘れても問題ないから。

コンタクトは途中で落としたり無くしたりするので、ギリギリではなく多めの数を持参して。

最悪の場合に備え、メガネも忘れずに!

歯ブラシと歯磨き粉

民宿やユースホステル、ドミトリーなどには歯ブラシがついていないことも多々あるので、歯ブラシもお忘れなく。

歯ブラシは離島によっては買えますが、買えない時もあるので家から忘れずに持ってきてください。歯磨き粉もセットで必ずバッグに入れてくださいね。

その他コスメ・薬・身の回り品

  • シャンプーとボディソープ
  • クレンジングシート
  • ベビーパウダー(汗をかいたとき用)

などが役立ちますので参考まで。

離島旅行の持ち物リスト<電子機器・家電>

スマホの充電器とケーブル

忘れると悲劇なものナンバーワンかもしれません。スマホの充電器と充電ケーブル。

よくやるのは、充電器だけ持ってきたけどケーブル忘れた、ケーブルだけ持ってきたけど充電器忘れた、など。わたしはケーブルだけ持ってきたけど充電器を忘れ、ひどい目にあいました。

最初に忘れていないかチェックすべき持ち物ですね。

モバイルバッテリー

最近のスマホはすぐに充電が切れるので、モバイルバッテリーは必須。旅の時は10000mAh以上の容量が大きいものを2個以上持っていくのがおすすめです。

2個以上持っていくメリットは、充電を忘れても1個は予備があること。

持っていく時はもちろんフル充電をお忘れなく!

防水カメラ(水中カメラ)or防水カメラケース

普通のカメラも大事なのですが、スマホ写真で十分だったりもするので、特別持っていくなら防水カメラorカメラを持っているなら防水カメラケースを持参してください。

ただしカメラによって耐えられる水圧の上限が違うので、どんなシーンで使うのかしっかり考えて選んでくださいね。

双眼鏡

小笠原諸島などの固有種が多い地域に行くことが多いかた、バードウオッチングがしたい方はぜひ双眼鏡を持参してください。

双眼鏡がない場合は、一眼レフの望遠レンズでも代用できますが、限界があるのでしっかり見たい方はやはり双眼鏡が便利です。

懐中電灯

離島のナイトツアーに行く場合に役に立ちます。ツアーによっては懐中電灯を貸し出してくれるところも。

ドライヤー

ドライヤーがついていない宿があったり、おがさわら丸などのドライヤーが少ない船旅などでは持参したドライヤーがとても役に立つので、ドライヤーは持参しましょう。

その他電子機器・家電

その他に

  • カメラの予備バッテリー(2個以上あると充電しなくていいので便利)
  • 電源タップや延長コード(島の宿ではコンセントが少ないので)
  • ICレコーダー(取材などで使う場合必須)
  • イヤホン(音楽を聴きたくなったら)
  • 髭剃り
  • ムダ毛剃り
  • ボディ用シェーバー
  • 電子蚊取り線香

などがあるととても便利です。

離島旅行の持ち物リスト<その他>

最後に、これはあったら便利! というものを追加でご紹介。

  • ガイドブック(マイナーな島だととても役立つ)
  • クーラーバッグ(冷たい飲み物の保存など)
  • ノートパソコン(写真データの保存用)
  • 保険証(マリンアクティビティで使用)
  • 塩分補給のタブレット(熱中症防止)
  • 冷えピタシート(熱中症防止)
  • 冷たくなるタオル(熱中症防止)
  • 飴玉(熱中症防止、トレッキングの疲れ防止)
  • カロリーメイトやカップラーメンなどの軽食(昼食難民・夕食難民にならないために)
  • 長ズボン(登山する人)
  • ストール(日よけ)
  • パスポート(国境離島に行く際に便利)

持ち物リストまとめ(チェックリスト付き)

いかがだったでしょうか? 今回は、離島旅行に持って行く持ち物をご紹介しました。

持ち物持参個数チェック
1Tシャツ(多め)
2ラッシュガード(2枚以上)
3水着
4帽子
5サングラス
6ビーチサンダル
7日傘
8運動靴(トレッキングシューズ)
9バスタオル、フェイスタオル
10サブバッグ
11シュノーケル3点セット
12カーディガン
13ウェットスーツ
14防水バッグ
15カッパ
16ラップタオル
17短パン
18長靴
19日焼け止め(ボディ、フェイス用)
20虫除けスプレー
21日焼け後コスメとジェル
22酔い止め
23常備薬
24コンタクト
25メガネ
26歯ブラシ
27歯磨き粉
28シャンプー、ボディソープ
29クレンジングシート
30ベビーパウダー
31スマホ充電器、ケーブル
32モバイルバッテリー
33防水(水中)カメラ
34防水カメラケース
35双眼鏡
36懐中電灯
37ドライヤー
38カメラの予備バッテリー
39電源タップ
40延長コード
41ICレコーダー
42イヤホン
43髭剃り
44ムダ毛剃り
45ボディ用シェーバー
46蚊取り線香
47ガイドブック
48クーラーバック
49ノートパソコン
50保険証
51塩分補給タブレット
52冷えピタシート
53冷たくなるタオル
54
55軽食
56長ズボン
57ストール
58パスポート

離島旅行持ち物のチェックリストのダウンロードも可能です。

夏休みやGW(ゴールデンウィーク)、シルバーウィークやお正月、春休みなどに離島に旅する方。

わたしが実体験でなくて困った、あってよかったモノを厳選して入れているので、ぜひ参考にして旅の準備をしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
公式旅ライター SYO
日本と世界を旅する、旅ライター。行った国は20ヶ国以上。世界遺産めぐりが趣味。旅好きなのに体力は人の100分の1で運動音痴なため、パーソナルトレーナーの指導の元トレーニング中。最近は筋肉インスタ多め。愛機はSONY α7。猫好き。