佐久島・野外映画祭「夜空と交差する森の映画祭2017」公式HPがオープン

133

離島にて初の野外映画フェス!佐久島を横断する形でオールナイト開催。

「夜空と交差する森の映画祭2017」は佐久島の《橋でしか渡れない小さな島》《小中学校のグラウンド》《山の中の森》と、島を横断する形で3つの映画の上映ステージを設けオールナイトで開催します。

佐久島とは

空から見た佐久島
空から見た佐久島

佐久島は愛知県の渥美半島と知多半島に挟まれた三河湾内に位置する有人島のうち一番大きな島。佐久島行きの船乗り場である一色港から市営渡船でおよそ20分。穏やかな海に囲まれ、三河湾国定公園に指定された緑豊かな祭りとアートに出会える。また、年間を通して様々なイベントが開催されているほか、島内の各所に常設でアート作品が展示やスタンプラリーが設置されており、森の映画祭の前後では島のアート等を楽しむことが可能。

佐久島の風景
佐久島の風景

開催時期である10月の平均最高気温が22度で平均最低気温は17度と比較的あたたかく、温海洋性気候のため暖地性植物が多く生息して南の島の気分を味わえる独特の風景も広がっている。

今年のテーマは「しゅわしゅわ」!泡沫で儚くて甘酸っぱい世界を表現

佐久島内の3つの上映ステージでは、それぞれ別の「しゅわしゅわ」した”甘酸っぱくてせつない、儚く移ろいゆく思い出”を表現。まるで物語の世界に入っていくような、例年よりさらに物語性の強い世界を目指す。

森の奥深く山の中のステージ【祭囃子の隙間から】では、「ざわめきの向こうに君を見つけた。」をコンセプトに、夏祭りのような世界観を。学校のグラウンドを利用したステージ【放課後、伸びた影と】では、「偶然を装った、君との帰り道。」をコンセプトに学校帰りの夕暮れをイメージ。メインステージにあたる一直線に伸びた橋の向こうに浮かぶ大島の【真夜中に抜け出して】では、「君と星を見に行く。」をコンセプトに、こっそり夜中に好きな人と待ち合わせるようなドキドキ感のある、爽やかな空間を目指していく。

そのほか島内外の協力によるフードブース出店や、オフィシャルドリンクブースとして「夜空のドリンクスタンド」( supported by ENcounter shibuya )を展開する「ポップコーンベアーズ・キッチン」や、グッズ販売などを行う「モリス・マーケット」は、例年通り健在です。

詳細

名称

夜空と交差する森の映画祭2017

日時

2017年10月7日(土)オールナイト開催
10月7日(土) 開場17:00 上映開始 18:30
10月8日(日) 上映終了 05:00 閉場   08:00

会場

愛知県西尾市一色町 佐久島内3箇所

世界観

しゅわしゅわ

協賛

スギ薬局 / レントシーバー

協力

NTTdocomo / 愛知工業大学情報科学部水野慎士研究室 / Filmarks(フィルマークス) / TSUTAYA / KOJIMA PRODUCTIONS / こんぺいとう倶楽部 / 39の市 / haletto

後援

愛知県 / 西尾市 / 青山学院大学総合文化政策学部

主催

森の映画祭実行委員会 (代表・サトウダイスケ)

代表・サトウダイスケについて

山梨県出身、29歳の映像クリエイター・映画監督。
上智大学数学科卒業。卒業後、フリーで映像制作をはじめる。
森の映画祭に関しては運営や美術制作、デザインの一部やウェブサイト制作などトータルで行う。
自主映画を制作する側 / 作り手の立場から映画祭をメイキングする。

お問い合わせ先

森の映画祭実行委員会 広報担当
press@forest-movie-festival.jp

本日リニューアル!公式サイトはこちらから >> http://forest-movie-festival.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア