神奈川の無人島“猿島”にてリアル謎解きゲーム『無人島からの脱出4』11月開催決定!

72

神奈川県横須賀市の無人島「猿島」で、リアル謎解きゲーム「無人島からの脱出4」が、2017年11月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)の4日間、開催されることが決定。「日常を冒険に変える」をテーマに通算動員数6万人を超えるリアル謎解きイベントを展開する株式会社ハレガケが主催するリアル謎解きゲームの人気コンテンツ“無人島シリーズ”の最新作です。

舞台は猿島!リアル謎解き×島の魅力が楽しめる!

「無人島シリーズ」は、今年の3月に第3回目を開催。そして、今回11月に開催される「無人島からの脱出4」は、第3回目同様、謎解きしながら回遊してゴールを目指すリアル謎解きの特徴と、猿島の魅力を組み合わせた“非日常リゾート”を体験できるイベントで、猿島の閑散期※対策に一躍を担うイベントととして期待されています。
※猿島は、来島者が7月8月の夏の需要期に集中するため、秋から冬にかけた閑散期の集客が課題。

リアル謎解きゲームとは?

リアル謎解きとは、参加者が実際に頭と体を使って謎を解き事件を解決する体感型のゲームイベントです。参加者は物語の世界に入り込み、その物語の主人公になって次々現れる謎や暗号を解いて事件を解決していきます。ショッピングモール、遊園地、水族館、商店街など、様々な場所で開催され、男女問わず様々な人が熱狂する今注目のエンターテイメントです。

「無人島からの脱出4」ストーリー

この海には二人の魔女がいた。

一人は海賊と手を組んで海を旅する“西の魔女”、

もう一人は【呪われた島】で海賊と共に宝を守る“東の魔女”。

あなたたちは西の魔女に仕える海賊。

あるとき、西の魔女と一緒に旅出ていた途中で

【呪われた島】に辿り着いた。

西の魔女は呪いで島に封印され、あなたたちも島に囚われてしまう。

“60分後に命が絶たれる呪い”をかけられて―…

この呪われた島から脱出することができるだろうか!?

無人島「猿島」ってどんな島?

猿島は、神奈川県横須賀市猿島にあり、東京湾にある自然島の中では最も大きい無人島です。明治14(1881)年から昭和20(1945)年の終戦まで、旧日本陸軍の要塞で、昭和22(1947)年から一般人が立ち入ることができるようになりました。
横須賀市が整備している猿島公園があり、バーベキューや釣り、貴重な歴史遺産散策、磯遊び、そして夏には海水浴などを楽しむことができます。
最近では冬期の平日に“貸し切りができる無人島”として注目を集めています。

猿島についてはこちらをご覧ください >> 猿島

イベント概要

名  称:『無人島からの脱出4』
開催日時:2017年11月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
会  場:猿島(神奈川県横須賀市猿島1)
集合場所:三笠桟橋 船着場(集合 11:00 乗船時間 11:30 公演時間 12:30〜14:30)
参 加 費:[前売り]3,000円(税込) [当日]3,500円(税込)
チケット:10/7(土)10時からチケットサイト イープラスから発売
サ イ ト:http://nazoxnazo.com/mujintou4/
主  催:株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)
共  催:株式会社トライアングル
後  援:横須賀市
注意事項:
※集合時間に間に合わない場合はゲームに参加することは出来ません。
※別途、猿島までのフェリー往復乗船料(大人1,300円、小学生650円)が必要です。
※本イベントの受付は、猿島にて行いますのでそのままフェリーにお乗りください。
※お帰りの際は、15:45発か、17:00発のフェリーで三笠桟橋にお戻り頂けます。

イベントの詳細はこちら >>
http://nazoxnazo.com/mujintou4/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします