瀬戸内海で豪華な船旅を!「guntû(ガンツウ)」2017年10月17日(火)就航!

81
guntû(ガンツウ)公式ホームページTOP

せとうちホールディングス傘下のせとうちクルーズが運航する新造船「guntû(ガンツウ)」が、10月17日(火)に就航。母港であるベラビスタマリーナ(広島県尾道市)から、宮島沖(広島県廿日市市)に向けて出港しました。

コンセプトは「せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿」

「guntû(ガンツウ)」は、屋根瓦のある瀬戸内の風景に溶け込むように設置された屋根と、海の色にあわせて変化するシルバーの船体が特徴の宿泊型客船です。
尾道市にあるベラビスタマリーナを拠点に、世界遺産・宮島や、音戸(おんど)の瀬戸などを巡る「西回り」と、海外からもアートや建築を目当てに多くの旅行者が訪れる直島や犬島、豊島の周辺を巡る「東回り」の全6航路が用意されています。
「せとうち漂泊」というコンセプトのもと、夜は沖合で錨泊(びょうはく)し、1泊から最大3泊4日かけて瀬戸内海沿岸の景勝地を周遊。町並みが間近に迫る狭い海峡や、山の稜線が重なった美しい多島美など、瀬戸内ならではの風景を楽しむことができます。

全室海側に面したテラスを設置。

― 船名の由来 ―
guntû(ガンツウ)とは、瀬戸内海に広く生息するイシガニ(ワタリガニの一種)を表す尾道地方の方言。地元では親しみを込めて使われており、調理して味わうのはもちろん、よい出汁がとれるため、味噌汁に使われることも多いカニです。その味わい深いカニのように、時が経つほどに人々から愛され、瀬戸内の滋味を結び、受け継いでいく。そんな船となることを願って名付けました。
引用元:guntû ブログ

就航日(10月17日)のツアーは、2泊3日の西回り航路で運航。宮島の沖合いで錨泊し、広島県呉市に位置する「音戸の瀬戸」や愛媛県松山沖を周り、大三島の宗方港沖で錨泊。翌朝10月19日(木)に「尾道水道」を通り、ベラビスタマリーナに帰港しました。

3階の船首に位置し、栗材やサワラ材を多用したオープンデッキ。

「瀬戸内海のよさは、海にこそある」

海だからこそ出逢える、瀬戸内の伝統や文化を凝縮した旅のスタイルを提供。また、穏やかな風土に寄り添った、船外体験を通じて地域貢献にもつながることが期待されます。
さらに、新たな航路も開拓し、11月下旬には4月以降のツアーを販売する予定です。

瀬戸内の魅力を船内と船外で体験!

船内では、瀬戸内の食材を使った食事と安らぎの贅沢な時間を心ゆくまで楽しむことができます。

せとうちに点在する小さな島々では、
ささやかで美しい日常が営まれています。
船を出て、そんな日常に触れるのも、
ここでしか味わうことのできない特別な体験。

引用元:ガンツウ公式サイト「船外体験」 http://guntu.jp/activities

そして、ガンツウの旅では、朝さんぽ、漁師体験、お月見などの瀬戸内ならではのアクティビティもオプションで体験することができます。

瀬戸内周遊に「ガンツウの旅」、そんな選択肢もありですね!

guntû(ガンツウ)概要

就航

広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを拠点に2017年10月17日(火)より就航。

設計・デザイン

船のデザインは、建築家、堀部安嗣(ほりべ やすし)氏。

客室

客室は全19室(4タイプ)。室料は1泊、40万円~100万円(1室を2名利用の場合)。

施設

展望デッキ・ダイニング・縁側・カフェ/バー・鮨カウンター・炭焼き台・ショップ・ラウンジ・ジム・トリートメントルーム(エステ)・サウナ付き大浴場・テンダーボート(2艇)

予約・販売

「guntû(ガンツウ)」による瀬戸内海クルーズは、東京・日比谷の帝国ホテル本館内の「ガンツウ ギャラリー」にて、予約・販売中。

オプション

水陸両用機の遊覧・チャーター事業を行う、株式会社せとうちSEAPLANES (https://setouchi-seaplanes.com/)とも連携し、海と空からの新しい瀬戸内の魅力を発信します。

船舶保有&船舶運航会社

株式会社せとうちクルーズ
http://s-cruise.co.jp

予約販売

株式会社せとうちクリエイティブ&トラベル
https://s-creativetravel.co.jp

guntû(ガンツウ)公式ホームページ

http://guntu.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします