コンセプトは「せとうちに浮かぶ、ちいさな宿」。船だからこそ出会える、一期一会の旅。

864

瀬戸内海の新しいラグジュアリー船『guntû』、クルーズツアー予約販売開始!

瀬戸内海クルーズ船「guntû(ガンツウ)」が、2017年10月17日(火)に就航することが決定しました。それに先駆け4月11日(火)、東京「帝国ホテル」本館にguntû Gallery(ガンツウ ギャラリー)がオープンし、guntûのツアー販売と予約が開始されています。
2泊3日・3泊4日のツアーを中心に、瀬戸内海を巡る5航路が用意されており、世界遺産のある宮島(広島県)、アートで知られる直島(香川県)、広島・山口・愛媛・香川・岡山などを周遊します。

客船guntû(ガンツウ)とは?

ガンツウ内観

guntûは、「せとうちに浮かぶ小さな宿」をコンセプトに誕生する、新しいラグジュアリー船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、瀬戸内海沿岸を周遊します。
船に搭載したテンダーボートを利用して、各地の催事や無人島にも上陸するため、船だからこそ出会える、一期一会の旅に案内してくれます。

guntûは建築家の堀部安嗣氏が設計を担っており、穏やかな瀬戸内の風土に合う、清々しい客室と空間。木材を多用した、全室テラス付きのスイートルームでは、目の前に広がる景色と一体となる感覚で、瀬戸内を感じることができます。広々とした縁側やデッキ、エステやボディケアを行うトリートメントルームのほか、大浴場などの共有スペースも準備されています。

オールインクルーシブで楽しめる食事は、東京「重よし」佐藤憲三氏監修のもと、地元産の食材を調理し、その日の天候やお客様のお好みにあわせてご提供。「お好きなものを、お好きなときに、お好きなだけ」楽しむことができます。
また、寿司カウンターでは、「淡路島 亙(のぶ)」の坂本亙生氏監修による寿司を、ラウンジでは奈良の「樫舎(かしや)」喜多誠一郎氏監修による、和菓子を目の前で作ってもらうことができます。

guntû(ガンツウ) の設備&施設案内

ガンツウ内観

船内施設

展望デッキ・ダイニング・縁側・カフェバー・寿司カウンター・炭焼き台・ショップ・ラウンジ・ジム・トリートメントルーム(エステ)・サウナ付き大浴場・テンダーボート(2艇)

客室

全19室(4タイプ)
ザ ガンツウスイート(1部屋・露天風呂付き)、グランドスイート(2部屋・露天風呂付き)、テラススイート(2部屋・露天風呂付き)、テラススイート(14部屋・露天風呂なし)

室料

  • ザ ガンツウスイート【90平米】・・・1泊1室(2名利用の場合)90~100万円
  • グランドスイート【80平米】・・・1泊1室(2名利用の場合)70~80万円
  • テラススイート【50平米】・・・1泊1室(2名利用の場合)40~50万円

※料金に含まれるもの … 広島空港およびJR福山駅からベラビスタマリーナまでの送迎、船内での飲食、船外体験(全て税込価格)

船名の由来

船名の由来(イシガニ)

guntû(ガンツウ)とは、瀬戸内海に広く生息するイシガニ(ワタリガニの一種)を表す尾道地方の方言。地元では親しみを込めて使われており、調理して味わうのはもちろん、よい出汁がとれるため、味噌汁に使われることも多いカニです。その味わい深いカニのように、時が経つほどに人々から愛され、瀬戸内の滋味を結び、受け継いでいく。そんな船となることを願って名付けられました。

設計:建築家 堀部 安嗣(ほりべ やすし)氏

堀部氏が設計するうえで大事にしているのは、建築が街にとってどうあるべきか。住む人にとってどうあるべきかという、“建築物の存在意義”。100年先まで残したい、ありのままの瀬戸内の姿と調和しながらも、新しい価値を創出するシンボルとして、guntû(ガンツウ)自体がどうあるべきかをともに考えていただける建築家であると確信し、設計を依頼されたとのこと。堀部氏の作品から感じられる清々しさや、気取らなさ、温かさが瀬戸内海のイメージと合うということも、依頼した理由だそうです。

船外体験

ささやかなひと時から、ドラマチックな体験まで。
瀬戸内ででしか体験できない、様々なアクティビティプランが用意されています。
(例)無人島の海岸や島にある古刹の散策、採石場の見学、定置網の見学、漁師体験、手釣り等

食事

  • メインダイニング
    「お好きなものを、お好きなときに、お好きなだけ」をテーマに、各地を周遊しながら出合う、丁寧に扱われた食材を使用。東京都原宿の老舗割烹として多くの著名人を魅了してきた「重よし」の佐藤憲三氏が監修しています。和食以外に、オールデイで楽しめる洋食やスイーツも。
  • 寿司カウンター
    兵庫県「淡路島 亙(のぶ)」の坂本亙生氏が監修。瀬戸内海ならではの寿司を味わえます。
  • ラウンジ
    奈良県「樫舎(かしや)」喜多誠一郎氏の監修のもと、目の前で作られる出来立ての和菓子を楽しむことができます。

航路

ベラビスタマリーナを発着地とし、2泊3日、3泊4日の西回りコースが2種類、同じく2泊3日、3泊4日の東回りコースが2種類のほか、1泊2日の東回りコースの計5航路をご用意。
ガンツウ本船は着岸せず、瀬戸内海を錨泊(びょうはく)しながら運航し、搭載する小型船(テンダーボード)で島々に上陸します。現在想定している航路内での最東部は、岡山県の日生沖エリア、最西部は山口県上関沖付近となります。
※気象海象や潮の流れにより、狭い航路は通過できない場合もあります。

航路(クリックで拡大)
航路(クリックで拡大)

例1)3泊4日西回りの場合(予定)
ベラビスタマリーナ発 → 尾道付近 → 宮島沖(1泊/錨泊) → 音戸の瀬戸付近 → 倉橋島 → 忽那諸島(松山沖) → 周防大島南 → 上関湾(1泊/錨泊) → 祝島沖 → 大畠瀬戸 → 山口県の柳井方面沖 → 忽那諸島(松山沖) → 大三島(1泊/錨泊) → 来島海峡 → ベラビスタマリーナ帰港

例2)3泊4日東回りの場合(予定)
ベラビスタマリーナ発 → 生口島付近 → 弓削島付近 → 鞆の浦沖(1泊/錨泊) → 塩飽諸島 → 高松沖 →小豆島沖 → 日生沖(1泊/錨泊) → 直島 → 下津井の沖 → 水島沖(1泊/錨泊) → 笠岡諸島 → ベラビスタマリーナ帰港

ツアー予約開始と販売について

4月11日(火)より、東京帝国ホテル内「guntû Gallery(ガンツウギャラリー)」での店頭と電話で受付中です。また、10月中のツアーについては、抽選の上、販売が行われる予定です。

最新情報やお申し込み方法など、詳しくは公式サイトをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします